GIGA トラクタ エンジン

テクノロジー

燃焼最適化技術

電子制御式無段階可変容量型ターボ 電子制御式コモンレールシステム
低回転からトルクを発生させる

電子制御式無段階可変容量型ターボ 排気流量に応じてガス流入面積を無段階で可変させ、低速からターボ効果を最大限に発揮。低速トルク・加速性の向上、低燃費、PM低減など多くのメリットをもたらします。
超高圧噴射を可能にする

電子制御式コモンレールシステム 超高圧化した最新のコモンレールを新たに採用。燃料の噴射圧力・時期・期間を高精度に制御でき、燃費の向上と排出ガスのクリーン化をより高いレベルで両立させます。

ワンウェイクールドEGR(EGRクーラー4連タイプ)
排出ガスを再利用してNOx低減

排出ガスの一部を冷却して吸入空気と混合し再燃焼させ、燃費のロスを抑えてNOxを低減します。独自のワンウェイ機構等により、大流量化とより効率的な循環を実現し、燃費の向上に貢献しています。 ワンウェイクールドEGR(EGRクーラー4連タイプ)

ブローバイガス吸気還元システム

ブローバイガスを吸気口に戻し、シリンダからエンジン内部に漏れる燃焼ガスの流出を防ぐシステム。 ブローバイガス吸気還元システム

大型高効率インタークーラー&電子制御ファン
燃費効率を支える冷却システム

熱解析を取り入れ、国内最高レベルの冷却性能を実現。吸気温度を大幅に低下させ、空気を高密度化し、吸入空気量を増大。燃焼効率の向上とトルクアップに大きく寄与しています。


排出ガス後処理技術

DPD+尿素SCR
PM・NOxをともに低減

(DPD : Diesel Particulate Defuser
SCR : Selective Catalytic Reduction)

DPD部でPMを捕集・焼却し、尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素に分解。後処理技術を進化させたことで、エンジンの基本性能を高めながら、排出ガスの大幅なクリーン化を実現しています。
尿素水(AdBlue®相当)の採用
尿素SCRに用いる還元剤として、一般的に無害で取り扱い資格も不要な尿素水を採用しました。
AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
DPD+尿素SCR
尿素水の残量は残量計で確認できますが、5段階表示となりますのでご注意下さい。
(残量がゼロになるとエンジン始動制限がかかります。詳細は取扱説明書をご覧下さい)
尿素水は温度管理されていますが寒冷地での凍結にご注意下さい(凍結開始温度-11℃)。
(凍結防止のため、キーOFF後、モーターで尿素水を吸い上げています)


システム図


電子制御技術

いすゞトータルエンジンコントロール
国内商用車メーカーで唯一自社開発

高度に電子制御化された今日のディーゼルエンジン。その要である制御も内製化し、いすゞのエンジンはその性能をフルに発揮。新たに制御を進化させ、より高次元で燃費と環境性能を両立させました。