GIGA トラクタ シャシ


(左)LDG-EXZ52AJ型(緩和)インタークーラーターボ・382kW(520PS) カタログ用特別仕様車
(右)LKG-EXD52AD型インタークーラーターボ・309kW(420PS) カタログ用特別仕様車

シャシ

軽量かつ耐久性にすぐれたシャシ
軽量化と耐久性を両立した高剛性フレームを採用し、トラクタの大GCWに応えます。また信頼性の高い最新の車内通信システムの導入、ブレーキやサスペンション等のエア消費の低減、連結作業性を高めるカプラガイドの設置など、車両全体にきめ細かな配慮を施し、輸送効率の向上に貢献します。

可変容量パワステポンプ
パワーステアリングポンプは可変吐出量タイプを採用しています。消費馬力を大幅に低減し、燃費向上に貢献します。
CANシステム(Controller Area Network)
コンピュータ間を高速データ通信網で結ぶLANを車両に応用し、エンジン・スムーサーG・HSAなど車両各部で用いられている電子制御ユニット(ECU)向けデータの通信規格を統一し共有化。より高度な統合制御を可能にし車内ネットワーク全体の信頼性が向上します。

APU(Air Processing Unit)
ブレーキやサスペンション等で使用するエアを乾燥・圧力制御・分配する機能を1つに集約しました。エアセーブタイプのホイールパーキングブレーキと合わせてエア消費を抑えます。
高剛性フレーム 285mmフレーム 254mmフレーム
強度と軽量化を両立した高剛性フレームです。強じんなアクスル、サスペンションと合わせ、安定した走行を実現。重量物も余裕で受け止め、すぐれた耐久性を確保しています。

デフロック
(6×4駆動車に標準。4×2セミトラクタはオプション)
砂地やぬかるみなどで、ツーデフ車は駆動軸の前後いずれか、ワンデフ車は駆動軸の左右いずれかのタイヤスリップ時に駆動力を確保し、すぐれた走破性を発揮します。
カプラガイド
(リフトカプラ対応車を除く4×2セミトラクタ)
トレーラのキングピンとカプラがスムースに連結されるように傾斜をつけたカプラガイドをフレーム後端上部に設置。トラクタヘッドとトレーラの連結作業を容易化するきめ細かな配慮を施しています。

省燃費全天候タイヤ (オプション)
従来の全天候タイヤに比べて、タイヤのころがり抵抗を低減させた省燃費全天候タイヤをオプションで用意しました。燃費の向上に貢献する経済性の高いタイヤです。
ナイロンチューブ
エア配管をナイロンチューブ化することで、金属製に比べ防錆性が向上しています。


カプラ

全面スチールプラットホームを採用(4×2セミトラクタ)
作業性向上のため、プラットホームには全面スチールタイプを採用しました。また軽量化のニーズに応え、T型スチールや全面アルミプラットホームもオプション設定しています。

第5輪荷重10トン車にスライドカプラをオプション設定
スライド機構によりカプラ位置が可変しカプラオフセットを変更でき、1台で様々なトレーラに連結可能です。また、悪路や雪路走行時には駆動軸に効率よくトラクションを掛けられるため、操作性・走破性が向上し安全運行に貢献します。
●カプラ位置に応じて第5輪荷重が異なります。

写真はイメージです。

連結車特有の作業性にも配慮
連結・切り離し時、キャブバックへスムースに移動できるプラットホーム乗り移りグリップ&ステップ、収納・引き出しが簡単なスパイラルチューブ&ケーブル、エアコックの操作が不要なオートシャットオフカップリング、さらに、夜間の作業に威力を発揮する作業灯も標準装備しました。トレーラの連結・切り離しが、スムースかつ安全に行なえます。

作業灯(フルトラクタ系を除く)

トレーラ・エア供給警告灯/カプラロック警告灯(フルトラクタ系を除く)

プラットホーム乗り移りグリップ&ステップ(フルトラクタ系を除く)