トータルセーフティの追求
万一への細心の備えが、
毎日への安心と信頼を高めていく。

ミリ波レーダー + カメラによる二重検知 障害物の検知をミリ波レーダーによる単独検知から、国内大型トラックで初めて、ミリ波レーダー+カメラによる二重検知を採用し、検知性能が大幅に向上しました。

先進視覚サポート技術「VAT」 電子式車両姿勢制御システム「IESC」

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。

トータルセーフティの動画はこちら

安全運行→アクティブセーフティ→プリクラッシュセーフティ→パッシブセーフティ

サイドビュー&バックアイモニター 車線逸脱警報 ミリ波車間クルーズU(スムーサーGx搭載車に標準)ミリ波車間ウォーニング

電子式車両姿勢制御システム「IESC」(標準)

プリクラッシュブレーキ〔衝突回避支援/衝突被害軽減〕(標準)
走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を自動で行ないます。低速で走行する先行車に対し、追突の恐れが高まると、警報に加え、早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。追突が避けられない場合は、自動でブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を図ります。
*先行車の速度が10km/h以上、相対速度が70km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が70km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。

衝突回避支援機能

先行車が動いているとき(相対速度が小さい) 警報・制動の早期作動により、衝突回避を支援

衝突被害軽減機能

先行車が止まっているとき(相対速度が大きい) 走行状態を検知し、衝突時の被害を軽減援

●「VAT」(プリクラッシュブレーキ、ミリ波車間ウォーニング、ミリ波車間クルーズU、車線逸脱警報(LDWS))「IESC」は、ドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、つねに安全運転を心がけてください。

●サイドビュー&バックアイモニターは、広角レンズを使用しているため、実際の距離とは感覚が異なります。ゆっくりした速度で右・左折や後退を行なってください。また、障害物などを確認するための補助装置であり、映し出す範囲には限界があります。必ず目視による安全確認を心がけてください。

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。

イメージ

FUP(フロント・アンダーラン・プロテクション)
ホイールパーキングブレーキ
フルエアウェッジブレーキ
SRSエアバッグ
EBS(エレクトロニック・ブレーキ・システム)
ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト
ASR(アンチ・スリップ・レギュレーター)
ディスチャージヘッドランプ
HSA(ヒル・スタート・エイド=坂道発進補助装置)
高剛性キャブ
RETARDER (永久磁石式)
ウエストレインフォース
エンジンリターダ
衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール
RUP(リヤ・アンダーラン・プロテクション)

メンテナンス性 フロントオープンリッドには、日常点検項目の多くを集中配置。ハーネス、配管類をさらに整理し、点検整備の効率を高めました。また、各部の防錆塗装やアルミ製部品の多用によりすぐれた耐久信頼性を発揮します。

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。

コンセプト ギガ先進予防安全テクノロジー