FORWARD エクステリア
実用性と機能性を高次元で両立したキュービカル・フォルム
より広い室内空間の確保とすぐれた空力性能を高いレベルで両立させるため、フロントとサイドのウインドウを最大限に直立させたキュービカル・フォルムを採用。目指したのはプロの道具にふさわしい、実用的かつ機能的なスタイリングです。
乗り降りがスムースな乗降性
ドア開口部の面積や形状、グリップ、ステップまで、各部を徹底的に検証。スムースで安定感のある乗降性を追求しました。配送業務など、さまざまな場面で仕事の能率を高めます。
乗降用大型ロンググリップ
タテ型アウトサイドハンドル

大型ガードバー
ステップランプ

大型ステップ(GVW16/20トン車)(写真はGVW20トン車)
スムースな乗降を実現する大きなドア開口部(写真はGVW8トン車)
広い乗降スペースのアウトスイングドア
同じドア開度ながら、より広い乗降スペースを確保。狭い場所での駐車時や交通量の多い道路での乗降性を高めます。
アウトスイングドア(写真はミラーを外した状態で撮影しています。)
多彩な用途に対応できる標準キャブとワイドキャブを展開
キャブ幅のバリエーションは、スタンダードな標準キャブに加えキャブ本体幅2320mmのワイドキャブを設定。荷台幅の拡大により、容積型荷物の効率輸送に貢献します。
キャブサイズの比較
写真はすべてGVW8トン車