FORWARD

CARGO

D-CORE

ディーゼルエンジンの効率を追求した、いすゞの次世代エンジン「D-CORE」。

軽量でコンパクト、高効率な4HK1エンジン

軽量・コンパクトでありながら、ひときわ高いポテンシャルを実現する4 H K 1エンジン。 全回転域において高効率なターボ効果を発揮し、NOxをさらに低減。環境性能と積載性・燃費の高効率化を両立した、クリーンなエンジンです。

4HK1エンジン
エンジン性能曲線

4HK1-TC系 総排気量:5193cm³(cc)

型式 最高出力 最大トルク
4HK1-TCH 177kW(240PS)/2400rpm(ネット値*) 765N・m(78kg・m)/
1600rpm(ネット値*)
4HK1-TCS 154kW(210PS)/2400rpm(ネット値*) 706N・m(72kg・m)/
1400-1600rpm(ネット値*)
4HK1-TCC 140kW(190PS)/2600rpm(ネット値*) 515N・m(52kg・m)/
1600-2500rpm(ネット値*)

経済性と環境性にすぐれたエコストップecostop

信号待ちなどの車両停止時に、エンジンが自動停止し、発進時の再始動も自動化。無駄な燃料消費の抑制と排出ガス削減に貢献するとともに、停車中の騒音もなくします。なお、エコストップ中は空調ユニットに内蔵された蓄冷エバポレータがエアコンの送風空気を冷却し吹き出し温度の上昇を抑制します。

*蓄冷材はA/Cコンプレッサ作動中に蓄冷しないと、送風空気を冷却することは出来ません。使用条件、使用環境により、吹出温度上昇の抑制効果は異なります。

●NOx(窒素酸化物)※ ネット値とは車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。