FORWARD CNG・MPI セーフティ

セーフティ

ワイドな直接視界
フォワードのボクシーなキャブデザインは、ウインドウ面積の増大にも貢献。車両周囲の安全確認をサポートし、運転疲労の軽減にも貢献します。上下方向の視界にもすぐれ、信号や標識の確認も容易です。
ディスチャージヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプ
ハロゲンに比べ、明るさ・寿命が飛躍的に向上するディスチャージヘッドランプを展開。すぐれた視認性で、夜間走行時の運転疲労を大幅に軽減します。

高剛性キャブ

高剛性キャブ
最新のコンピュータ解析技術を駆使した高剛性キャブを採用。フロアパネルの強化などにより、安全性と軽量化を高次元で両立しています。
ウエストレインフォース

ウエストレインフォース
前後斜め方向からの衝撃に対し、衝突安全性を向上するウエストレインフォースを、ドア内部に設置。万一の際のドライバーへの被害軽減に貢献します。

サイドデフロスター

サイドデフロスター
大型のサイドデフロスターを設置。寒冷時や雨天時の側方視界とサイドミラー視界を確保します。

SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルト (運転席/助手席※)

運転席SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルト
SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルト(ロードリミッター付)を、運転席に全車標準装備。衝撃吸収に配慮したキャブと合わせ、乗務員の安全確保とダメージ軽減に、システムで対応します。また、乗員保護の開発理念から、助手席側にもSRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルトをご用意。ドライバーだけではなく、同乗者の安全性にも配慮しました。

SRSとはSupplemental Restraint Systemの略で、乗員保護補助装置を示します。
SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルトは、一定の衝撃を下回る前面衝突の ほか、側面衝突、車両後部からの追突、横転時や一度作動した後に再衝突した時などには作動しません。
SRSエアバッグはあくまでもシートベルトの補助装置として開発された装備であり、シートベルト非着用の場合にはSRSエアバッグが作動しても効果を発揮できません。SRSエアバッグ装着車も必ずシートベルトを着用してください。

ABS (アンチロック・ブレーキ・システム)
滑りやすい路面における制動時に、タイヤロックを制御することで、安定感のある車両姿勢をもたらします。万一の時の緊急回避でも、事故の拡大防止に貢献します。
ABSは乗務員の負担軽減と安全性の向上を目指して運転操作を補助する装置であり、無理な運転までは制御できません。ABSの装着車であっても、非装着車同様の安全運転をお願いいたします。
HSA (ヒル・スタート・エイド:坂道発進補助装置)
ブレーキを踏み込んで停車した後、ブレーキペダルから足を離してもブレーキ力をそのまま保持します。坂道発進の容易化や、渋滞時の運転疲労の軽減に貢献します。

●写真はすべてGVW8トン車です。
※設定は車型により異なります。