FORWARD CNG・MPI エンジン

エンジン

高度な環境性能と動力性能を両立するフォワードCNG-MPIエンジン
低公害車の中でも卓越した環境性能を誇るフォワードCNG-MPI。排出ガス性能の大幅な向上を実現したCNG-MPIエンジンは、厳しい環境水準のディーゼル車に対する「平成21・22年排出ガス規制(ポスト新長期規制)」からNOxを57%、NMHCを75%も低減。CNG車に対する規制「新CNG車排出ガス技術指針(ポスト新長期規制)」へ全車適合するとともに、低排出ガス重量車の認定を取得しました。エンジン性能も向上させ、高度な環境性能とすぐれた動力性能を両立します。

排出ガスがクリーンな低公害エンジン
圧縮天然ガス(CNG)自動車の最も大きな特長は、クリーンな排出ガス。排出ガス規制で削減が義務付けられている排気物質を大幅に削減します。さらに、燃料中に不純物が少ないため、黒煙やPMもほとんど排出しません。

平成21・22年ディーゼル排出ガス規制値を100%とした場合の比較


ポスト新長期排出ガス規制に適合した高度な環境性能を達成
フォワードの全エンジンは、世界でも極めて厳しい「ポスト新長期排出ガス規制(平成21・22年排出ガス規制)」に適合しています。NOxについては規制値からさらに57%低減しています。

アイドリングストップ&スタートシステムを採用
車両が停止したわずかな時間もエンジンが自動的に停止し、不必要なアイドリングを無くすことで排出ガスを削減。エンジンの再始動も自動化し、容易にアイドリングストップが実践でき、燃費の向上、一充填あたりの航続距離延長にも貢献します。


すぐれた動力性能
CNG-MPI 6HF1-TCNエンジンは、燃料噴射システムをMPI化することにより最高出力162kW(220PS)、最大トルク735N・m(75kg・m)を実現し、快適な走行に貢献します。

6HF1-TCN 総排気量:7790cm3(cc)
6HF1-TCN
162kW(220PS)/2400rpm(ネット値*
735N・m(75kg・m)/1400rpm(ネット値*

※ネット値とは車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。

MPI(マルチポイントインジェクション)
エンジンの各気筒ごとにインジェクタ−を配置し、従来のガスミキサー方式に比べて、燃料の噴射量や噴射タイミングをよりきめ細かくコントロールできる燃料噴射システムです。
MPI(マルチポイントインジェクション)

CNGエンジンコントロールシステム
CNG容器に貯蔵された圧縮天然ガスは、配管を通して減圧弁で減圧された後、エンジンの各気筒ごとに配置されたインジェクタ−によってシリンダー内で空気と混合され、燃焼を行ないます。燃焼系から排出系まで、すべての制御は電子システムによって行なわれ、走行状況に応じて空気と燃料の比率を最適な状態にコントロール。排出ガスのクリーン化に最適な燃焼状態を形成します。さらに各部のセンサーが三元触媒の酸化還元能力を最大限に高めNOx、CO、NMHCを効率的に浄化。すぐれた排ガス能力を発揮します。

CNGシステム図