パッシブセーフティ | 安全性能 | ISUZU:エルフ(小型トラック)

安全性能

パッシブセーフティ

衝突安全性に貢献する高剛性キャブ&ウエストレインフォース

フロアパネルの強化などにより、ハイキャブ・ワイドキャブはキャブオーバー車としてのすぐれた衝突安全性を確保。コンピュータ解析により軽量化と高剛性化の両立を実現しています。また、前後斜め方向からの衝撃に対し、衝突安全性を向上するウエストレインフォースをドア内部に設置しています。

ドライバーへの衝撃を抑える衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール

正面から強い衝撃を受けた際に、移動・変形することで、衝撃を吸収します。

ひざへの衝撃を軽減するニーボルスター

メータークラスター下部左右の構造や形状を工夫し、衝突時に左ひざへの衝撃を吸収、右ひざを外側へ逃がす構造としています。

万一の衝突時に乗務員への衝撃を軽減するSRSエアバッグ&
プリテンショナー付シートベルト (運転席/助手席)※

SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルト(ロードリミッター付)を、運転席に全車標準装備。衝撃吸収に配慮したキャブと合わせ、乗務員の安全確保とダメージ軽減に、システムで対応します。また、乗員保護の開発理念から、助手席側にもSRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルトをご用意。ドライバーだけでなく、同乗者の安全性にも配慮しました。

  • SRSとはSupplemental Restraint Systemの略で、乗員保護補助装置を示します。
  • SRSエアバッグ&プリテンショナー付シートベルトは、一定の衝撃を下回る前面衝突のほか、側面衝突、車両後部からの追突、横転時や一度作動した後に再衝突した時などには作動しません。
  • SRSエアバッグはあくまでもシートベルトの補助装置として開発された装備であり、シートベルト非着用の場合にはSRSエアバッグが作動しても効果を発揮できません。SRSエアバッグ装着車も必ずシートベルトを着用してください。

※装備は車型により設定が異なります。詳しくは最寄りの販売会社営業担当者にお問い合わせください。