COMO セーフティ

高度な安全性、大きな安心感でビジネスをサポートします。
走行中の衝突回避を、自動ブレーキでサポート。プリクラッシュブレーキ※*1*2*3
プリクラッシュブレーキ ミリ波レーダーで前方の車両を検知。
衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減します。


プリクラッシュブレーキ作動の流れ
まずは、衝突の危険性を判断し、表示と音でドライバーの回避操作を促します。
ミリ波レーダーで前方の車両を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーにより、ドライバーに回避操作を促します。
衝突の危険性を判断し、表示と音でドライバーの回避操作を促します。

そして、緩やかなブレーキングで衝突回避を促します。
さらに衝突する可能性が高まったときは、緩やかなブレーキングでドライバーに衝突回避を促します。
緩やかなブレーキングで衝突回避を促します。

さらに、自動で緊急ブレーキが作動し、衝突を回避、または被害を軽減します。
万一、ドライバーが回避操作を行わない場合には緊急ブレーキを作動します。
自動で緊急ブレーキが作動し、衝突を回避、または被害を軽減します。

*1 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。

*2 COMOのプリクラッシュブレーキは、約5km/h以上で前方の車両に作動します。停止している車両に対しては、約80km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。ただし、積載量や乗車人数などの条件によって、作動速度は異なります。詳しくは販売会社営業担当にお問い合わせください。

*3 歩行者や壁など、車両以外の障害物には作動しません。


※装備は車型により異なります。


パッシブセーフティ

万一の衝突の際に、被害を最小限に抑えます。

高強度安全ボディ(ゾーンボディ)
万一の衝突時に、衝撃吸収ボディが効果的にエネルギーを吸収。高強度材を用いたフレーム構造により、堅固な高強度キャビンを実現しました。

SRSエアバッグシステム&2ステージロードリミッター付プリテンショナーシートベルト
前面衝突の際にエアバッグが瞬時に膨らんで乗員の頭部への衝撃を緩和します。(運転席は全車標準、運転席+ 助手席はオプション)

後席ELR付3点式シートベルト(中央席2点式)
※運転席・助手席SRSエアバッグシステムは万一の前面衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。運転席・助手席SRSエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「エアバッグ付車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項があります。詳しくは取扱説明書に記載されておりますので、必ずお読みください。
SRS : Supplemental Restraint System(補助拘束装置)




アクティブセーフティ

危険を回避し安全な状態に戻すようドライバーをサポートします。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)+ ブレーキアシスト
ABSは急制動時やスリップしやすい路面での制動時に車輪のロックを防いで車両の安定性を確保し、ブレーキを踏みながら、ステアリング操作によって障害物を回避することを補助します。ブレーキアシストは踏力を補助して制動力を高めます。

ABS装着車の場合 ABS非装着車の場合

※ABSはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。したがってABS非装着車と同様に、コーナーの手前では充分な減速が必要です。スピードを控え、早め早めの操作で安全運転をお願いします。


ハロゲンヘッドランプ
サイドターンランプ付
電動格納式リモコン
ドアミラー(メッキ)※

アウトサイドミラー+フロントアンダーミラー
LED式ハイマウントストップランプ+リヤアンダーミラー+リヤワイパー(間けつ式)+熱線リヤウインドウ※

※装備は車型により異なります。