ERGA  大型・自家用・送迎バス
Safety Technology [ミリ波レーダーセーフティテクノロジー] 運行中のあらゆる局面で、さらなる安全性の向上を追求しました。 全車標準装備

ミリ波レーダー

従来のレーザーレーダーに比べ、天候や汚れの影響を受けにくく、高速道から市街地まで幅広い車速域をカバーします。また、カーブ走行時の追随性にもすぐれています。いすゞガーラでは、この高精度なミリ波レーダーを採用しています。

ミリ波
レーダー 車両制御クルーズ

先行車との車間距離を維持し、安全運転に貢献

先行車との車間距離を自動的に維持して走行します。長時間運行時のドライバーの運転疲労を軽減し、安全運行に貢献します。

補助ブレーキ等の自動制御により一定車間距離で走行

・安全車間距離※を優先して追従走行します。
・車間距離が安全車間距離以下になると、自動的に車速を調整します。
・万一、車間距離が急激に縮まった場合は衝突被害軽減ブレーキが作動します。
※先行車がブレーキをかけた時に衝突せずに停止できる最小車間距離。

車間制御クルーズ表示

ミリ波レーダー 車間距離警報装置

車間距離が縮まると警報音で、注意を喚起

先行車との車間距離が安全車間距離※以下になった場合、マルチインフォメーションディスプレイの警告表示および警報音でドライバーに注意を促します。

※先行車がブレーキをかけた時に衝突せずに停止できる最小車間距離。

ミリ波
レーダー 衝突被害軽減ブレーキシステム NEW *本システムは2014年11月から適用される「 衝突被害軽減ブレーキの新基準」に適合しています。

走行中、ミリ波レーダーが常に車両前方を検知・分析します。万一、追突の恐れがある場合には警報やブレーキ作動によりドライバーに注意を喚起。さらに追突の可能性が高くなると、より強力なブレーキが作動し、衝突時の速度を抑え、衝突被害を軽減します。この衝突被害軽減機能に低速で走行する先行車に対して衝突回避を支援する機能を新たに追加。追突の恐れが高まるとより早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。
※先行車の速度が10km以上、相対速度が50km/hいないで衝突回避を支援。相対速度が50km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。

NEW 衝突回避支援機能

先行車が動いているとき 警報・制動の早期作動により衝突回避を支援

1ミリ波レーダーが前方の低速走行車を検知
追突の恐れがあるとドライバーへ警報が作動

<イメージ> 警報ブザー

2追突の可能性が高まると警報+回避目的の制動が早期に作動

警報ブザー&警報制動(2次被害軽減のためストップランプ「点灯」)

3さらに追突の可能性が高まると、強い制動と警報により本格制動を作動させ衝突回避をサポート

本格制動(停止時は2次被害軽減のためストップランプ「点滅」)
(停止時はハザード「点滅」)
衝突被害軽減機能

先行車が止まっているとき 走行状態を検知し、衝突時の被害を軽減

1ミリ波レーダーが先行車との距離を常時認識

<イメージ> 車間制御クルーズのミリ波レーダーで先行車との車間距離を維持

2追突の可能性のある距離になると、警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起

警報ブザー&警報制動(2次被害軽減のためストップランプ「点灯」)

3危険回避が行なわれず追突が避けられないと判断すると、強いブレーキが作動し追突被害を軽減

本格制動(2次被害軽減のためストップランプ「点滅」)
(衝突後はハザード「点滅」)