ERGA  大型・自家用・送迎バス
Clean & Economy [クリーン&エコノミー]
エンジン ポスト新長期排出ガス規制適合/低排出ガス車認定/平成27年度燃費基準達成

最先端のテクノロジーを満載し、世界でも極めて厳しい「ポスト新長期排出ガス規制(GVW12t超:平成21年排出ガス規制/GVW12t以下:平成22年排出ガス規制)」に適合。PMについては規制値からさらに30%・NOx10%低減(全車)し、低排出ガス車の認定も取得※。
また、九都県市低公害車指定制度にも適合※しています。さらに排出ガス性能と燃費性能を高いレベルで両立し、12m車全車で「平成27年度燃費基準+10%」を達成※しています。
※J08Eエンジン搭載車除く

適合車

v平成17年排出ガス規制(新長期規制)

E13Cエンジン(SHD・HD)

E13Cエンジンは、NOx・PMの低減と低燃費の両立を実現。平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合するとともに、規制値に対しNOx・PMを10%低減。さらに平成27年度燃費基準の基準値に対し、+10%を達成しました。

E13Cエンジン
E13C〈ET-Y〉インタークーラーターボ

A09Cエンジン(HD)

エンジンをよりスマートなサイジングにすることで大幅な軽量化を実現。7速トランスミッション・油圧ファンドライブを採用することにより燃費も向上。平成27年度燃費基準の基準値に対し、+20%を上回る燃費性能を実現しています。

A09Cエンジン
A09C〈AT-[〉インタークーラーターボ

※ネット値とはエンジンを車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。
※SI(国際単位系)表示と従来表示(カッコ内)の両方を記載しています。

燃費性能向上
エンジン燃焼改善&トルクの向上

エンジンの燃焼効率の向上および低回転域でのトルクアップにより、低燃費な走行を実現します。ターボチャー
ジャ−の過給 圧アップとEGR率の最適化により、環境性能と燃費性能を両立しています。

リヤスポイラーによる空力改善

リヤスポイラーの形状を見直すことで空力特性の改善を実現。細部 にわたるまで走行燃費の向上を追求しました。

エコドライブサポート エコラン(車両燃費制御)機能

無駄な燃料消費を制御するエコラン機能を搭載。坂道や追い越し加速時には、重量と勾配を検知して自動的にエコラン制御が解除されます。12m車には「強」「弱」モードも設定。通常は『強』の状態で、「弱」を選択すると制御が緩和されます。

エコ表示メーター

瞬間燃費・アクセル開度・シフト位置などを、3.5インチのカラー液晶画面で視覚的に表示。エコドライブの度合いをリアルタイムで判定し「ECOレベル」として表示し、運転中のエコドライブ意識の向上をサポートします。

クリーンテクノロジー
燃料添加弁 NEW

E13C、A09Cエンジンではターボ装置直後に燃料添加弁を追加し、PM除去装置の自動再生能力をさらに強化。高温の排気中に、最小の再生燃料用燃料を混合することでPM除去装置の効率がアップ。燃料の向上に貢献します。

PM除去装置+尿素SCR(12m車)※E13C・A09Cエンジン搭載車

PM除去装置でPMを捕集・焼却し、尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素に分解。ATF(After Turbo Catalyst)などにより、排気温度が低い状態でも安定したPM再生性能を確保し、排出ガスの大幅なクリーン化を実現。さらに、自動再生制御でメンテナンス性も向上しています。

AdBlue残量表示 AdBlue残量表示 メーター
システム図(12m車)