ERGA  大型・自家用・送迎バス
Safety [安全性能]いすゞに息づく高度なセーフティ・テクノロジー。大型バスに求められる安全性が、ここにあります。

安心してお乗りいただくためには、万が一に備え、少しでも安全性の高い機能が必要です。エルガには、いすゞに息づくセ ーフティ・テクノロジーの粋を結集。高剛性ボディやELR3点式シートベルトといったパッシブセーフティ、そして、HSAの 標準装着といったアクティブセーフティの両面から、大型バスに求められる先進の安全性を追求しました。

パッシブセーフティ
高剛性ボディ

ハイレベルな安全性能を追求。ヨーロッパの安全基準(ECE基準:R-66※)に準拠し、より高い安全性を追求しました。

※ECE基準とは欧州統一車両法規(ECONOMIC COMMISSION FOR EUROPE REGULATIONS)であり、R-66はECE基準で定める、バス上部構造の強度に関する統一法規。

衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール

正面から強い衝撃を受けた際に、移動・変形することで衝撃を吸収します。

衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール
衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール
ELR3点式シートベルト(運転席)

緊急時にロックすることで、身体をシートに保持。運転席に標準装備しました。

保安基準改正に適合
アクティブセーフティ
ABS(全車標準)/ABS+ASR(MT車にオプション。AT車には設定がありません。)ABS=アンチロック・ブレーキ・システム ASR=アンチ・スリップ・レギュレーター

ABSは滑りやすい路面や急制動時にタイヤロックを防止し、安定した車両姿勢を確保します。ASRは滑りやすい路面での発進・加速時に、タイヤの空転を防止し、安定した走りを生み出します。

※ABS及びASRは乗務員の負担軽減と安全性の向上をめざして運転操作を補助する装置であり無理な運転までは制御できません。ABS+ASRの装着車であっても、非装着車同様の安全運転をお願いいたします。

HSA ヒルスタート・エイド

渋滞時や信号待ち、坂道などで、フットブレーキを踏み停車したとき、フットブレーキから足を離してもコンピュータ制御によりブレーキ力を保持します。

*HSAを効かせたまま運転席を離れることは避けてください。運転席を離れるときは、必ずホイールパークを使用してください。

※AT車には設定がありません。
ホイールパーク

軽い操作で駐車時に高い制動力を生むエアコントロール式のホイールパーク。坂道駐車などでの安全性を高めます。

ホイールパーク
運転視界

広々とした左側方視界、前方視界、右側方視界が、クリアな視界を確保し、安全運行をサポート。また、取り付け位置の高いハロゲンヘッドランプやフォグランプ、コーナリングランプが夜間の運行時における視認性を高めます。後方の視界を確保するバックアイカメラ(オプション)を設定するなど、安全性にも配慮しました。

フォグランプ フォグランプ
コーナリングランプ コーナリングランプ