ERGA  大型・自家用・送迎バス
Air Conditioning [空調]空調性能と燃費を両立する最先端のパッケージクーラーシステムを採用しています。
空調システムイメージ図
パッケージクーラーシステム[typeDN] 標準装備

可変容量コンプレッサーを採用
車内の温度状況により、コンプレッサーの圧縮容量を連続的に変化させることができます。

メリット1

燃費に貢献
冷房時に必要以上の動力を必要としないため、燃料消費を抑制し燃費に貢献します。

メリット2

すぐれた運転フィーリング
マグネットクラッチのON-OFFが少なく、加速時のエンジン負荷を軽減し、運転フィーリングの
向上をもたらします。

メリット3

室内快適性の向上
コンプレッサーの最適制御により、冷風の吹出し温度が安定し、快適な室内環境をもたらします。
ファンの大型化により、冷房性能のさらなる向上と静音化を実現しています。

クーラーコントロールパネルクーラーコントロールパネル
エアコンカット制御

車両発進時にエアコンの出力制御を行ない、エンジンに対する負荷を低減し、動力性能と燃費を向上させる機能を採用。エアコンカット作動時にも送風ファンを作動させることで、車内の快適性を妨げることなく、必要な空調性能を確保しています。

クーリングユニット

クーラーシステムのパッケージ化により、室内ユニットのコンパクト化を図り、室内フィルターを天井に配置。広い荷物棚スペースを確保しています。