CNG(圧縮天然ガス)エンジン車

黒煙をほとんど排出せず、「平成21・22年排出ガス規制値」から更にNOxを57%低減。優れた特徴をもつCNG-MPIエンジンバスをノンステップ車で展開しています。
CNG-MPI


6HF1-TC

厳しい環境性能が求められる排出ガス規制に適合
CNG-MPIエンジンは、厳しい環境性能が求められる「新CNG車排出ガス 技術指針(ポスト新長期規制)」に適合。NOxに関してはポスト新長期排出ガス規制の 規制値からさらに57%低減し、改造自動車として国土交通省の低排出 ガス重量車(認定低減性能向上改造自動車)の認定を取得しています。 さらに首都圏の九都県市の「九都県市低公害車指定制度」でも平成21年 基準超低公害車の認定レベルです。
低排出ガス重量車九都県市低公害車指定制度「平成21年基準超抵公害車」適合

MPI(マルチポイントインジェクション)とは・・・
新開発の燃料噴射システムのことで、インジェクターをエンジンの気筒ごとに配置。従来のガス ミキサー方式に比べて、燃料の噴射量や噴射タイミングのきめ細かなコントロールが可能に なりました。
MPI (マルチポイントインジェクション)

排出ガス性能を一段と高めたCNGエンジンコントロールシステム
CNG容器に貯蔵された圧縮天然ガスは、配管を通して減圧弁で減圧された後、エンジンの各気筒ごとに配置されたインジェクターに よってシリンダー内で空気と混合され、燃焼を行います。燃焼系から排出系まで、すべての制御は電子システムによって行われ、走行 状況に応じて空気と燃料の比率を最適な状態にコントロール。排出ガスのクリーン化に最適な燃焼状態を形成します。さらに各部の センサーが三元触媒の酸化還元能力を最大限に高めNOx、CO、NMHCを効率的に浄化。すぐれた排ガス能力を発揮します。
CNG-MPIエンジンシステム図

エンジンコントロールユニットが各装置を電子制御し、最適な状態を常にコントロールしています。
燃料装置配管図


※上記システム図は要約している為、実車とは異なります。また、中型車エルガミオのCNG容器は3本となります。

ポイント
PMを排出しない為、都市内走行に適した環境にやさしい車型を設定しました。