プレスリリース

2008年5月9日


いすゞ、GMとコロンビアに商用車合弁会社を設立


 いすゞ自動車株式会社(代表取締役社長: 細井 行、以下いすゞ)は、ゼネラル・モーターズ・コーポレーション(以下GM)と、南米アンデアン3カ国(コロンビア、ベネズエラ、エクアドル)におけるいすゞ商用車の販売強化の一環として、コロンビアにジーエム いすゞ カミオネス アンディノス・デ・コロンビア(GM-Isuzu Camiones Andinos de Colombia, Ltda.以下GMICA-Colombia)を設立した。

 いすゞはコロンビアに於いて、GMコルモトレス社を通じて、いすゞ商用車とピックアップトラックを販売している。GMICA-Colombiaの設立により、いすゞは、いすゞの持つ商業車事業のノウハウを導入し、GMコルモトレス社の商業車事業をサポートする。また、これまでGMコルモトレス社で販売されるいすゞ商業車は、シボレーバッジで販売されていたが、今回の体制整備に伴い、サブブランドとしていすゞバッチを採用して市場訴求力を強化する。

 新会社は、いすゞ商業車の車両販売、マーケティング、アフターサービスに関わる役務を提供し、GMコルモトレス社の販売会社をサポートする。

 いすゞとGMは今後、ベネズエラ、エクアドル両国にも同様の合弁会社を設立する予定で、両社協業の下、アンデアン地域における商業車の販売体制強化を進めていく。

 いすゞは、GMICA設立により、アンデアン地域での販売台数及び市場シェア拡大を進め、08年4月よりスタートした新中期経営計画で掲げる海外CV事業の強化、拡大を加速する。



以上


(ご参考)

【ジーエム いすゞ カミオネス アンディノス・デ・コロンビアの概要】
会社名 GM-Isuzu Camiones Andinos de Colombia, Ltda.(GMICA-Colombia)
所在地 Avenida Boyaca (Calle 56 A Sur) No. 33-53, Bogota D.C., Colombia.
設立年月 2008年3月11日
代表者 依田公一
資本金 300百万コロンビアペソ(約150千USドル)
株主構成 Isuzu 50%, GM50%
主な事業 いすゞ商業車の販売, マーケティング,サービス, アフターセールス全般に関わる役務提供(サービサー)