プレスリリース

2007年7月9日


いすゞ エルフ『CNG‐MPI車』をフルモデルチェンジ
〜排出ガス性能の更なる改良とディーゼル車比同等以下の運行コストを実現〜


 いすゞ自動車株式会社(社長:細井行、以下いすゞ)は、小型トラック「エルフ」のCNG(圧縮天然ガス)車をフルモデルチェンジし、7月9日より全国一斉に発売します。
 
 エルフCNG車は平成5年大臣認定車としての登録から数え、本年4月に累計登録台数が1万台を突破し、平成18年度はCNG車の小型トラック市場で79%の高シェア(自社調べ)を獲得するなど、日本国内でもっとも多く走るCNG車としてお客様よりご好評を戴いております。

 今回のモデルチェンジでは、平成17年排出ガス規制(新長期排出ガス規制)に適合した4.6リットルのCNGエンジン「4HV1」に更なる改良を加え、規制値に対し、NOx85%・NMHC75%低減し、現在販売されているトラックの中で最もクリーンな排ガス性能を達成しました。また、CNG車としては初のアイドリングストップ&スタートシステムを標準装備(※1)し、燃費向上とCO2削減に加え、1回の充填での航続距離の延長も可能としました。
 価格面では、更なるCNG車の普及を加速させる為、ディーゼル車との差額を表す、改造費(※2)を従来比△14万円の98万円にまで削減しました。国やトラック協会の車両購入補助や税制優遇などを受けた場合、ディーゼル車同等の価格での導入が可能となり、燃料代も天然ガスは軽油比安価に購入出来ることから、ディーゼル車比同等以上の経済性が期待できます。

 大気汚染・地球温暖化への対策が世界規模で問われる中、輸送をとりまく環境においても、地球環境保全への対応が求められています。 いすゞでは、地球環境保全に対応する為、低公害車の開発、普及に早くから積極的に取り組んできました。
 なかでも、石油代替エネルギーである天然ガスを燃料とするCNG車は、PMをほとんど排出せず、また、CO2の排出量も低いことから、環境に配慮した輸送ツールとして期待されています。

 いすゞは、今後も低公害車の開発、普及を推進し、環境に配慮した商用車を提案していきます。


※1 STグレードはオプション設定
※2 ベースとなるディーゼル車との差額。燃料供給装置、エンジン、ボンベ、ガス配管などが違い、価格差となる。


主な変更概要は以下のとおりです。

【エンジン】
4.6リットルの4HV1型エンジンは、クラストップの最高出力96kW(130PS)と最大トルク353N・m(36.0kg・m)を実現し、動力性能と燃費性能を高いレベルで両立しています。
「平成17年新長期排出ガス規制」(新長期排出ガス規制)から、NOxを85%、NMHCを75%低減し、クリーンな排出ガス性能を追及しました。
国土交通省「低排出ガス認定 平成17年基準NOx10%低減レベル」を取得しています。

<エンジンスペック>
  07エルフ CNG-MPI
エンジン型式 4HV1
気筒数 ‐内径 X 行径(mm) 4 -115 X 110
総排気量 cc 4570
圧縮比 12.5
最高出力 kW(PS)/rpm 96(130)/3200
最大トルク N・m (Kg・m)/rpm 353(36.0)/1400

<排出ガス性能>


【装備】
CNG車で初めてアイドリングストップ&スタートシステムを標準装備(※1)しました。燃費の向上を図るとともに、1充填あたりの航続距離延長に貢献します。
ABSを標準装備し、安全性を向上しました。
マニュアルトランスミッションの進化形であるスムーサーE シリーズを発展・改良した、スムーサーExを搭載しました。スムーサーExはマニュアルトランスミッションをベースとしたいすゞ独自のイージードライブシステムで、自動変速とシーケンシャルマニュアル変速を実現し、今後ますます増加すると予測されるAT限定免許で運転可能なトランスミッションです。
1ナンバー普通車用に専用設計されたハイキャブを新規設定しました。従来のハイキャブに比べ、本体幅が75mm拡大し、都市型配送車に最適な車両サイズや架装を可能にしました。
18年12月に発売しました新型エルフ同様、内外装を一新し、無駄を省いた機能的なデザインとしました。

<参考>
【目標販売台数】  エルフCNG車 1,800台/年
【エルフCNG 東京地区希望小売価格】
※添付写真はNFG-NMR82AN-HE6AY-C
車型 エンジン 最大積載量 主な仕様 東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
NFG-NMR82A
N-HE6AY-M
4HV1 2.0トン キャブ付きシャシMT車 4,154,000円 4,361,700円