プレスリリース

2007年4月17日


いすゞ、カナダにおける販売会社を設立


 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:井田義則、以下いすゞ)は、カナダにおけるいすゞ車両及び部品の販売会社(ディストリビューター)として、いすゞ コマーシャル トラック オブ カナダ(Isuzu Commercial Truck of Canada, Inc.、以下ICTC)を設立致します。

 同社はカナダでのいすゞ販売ネットワーク強化を目指し、いすゞ車及びその補修部品の輸入販売、サービスの提供を行っていきます。
 資本金は100万カナダドル(約1億円)で、いすゞの米国子会社である、いすゞ コマーシャル トラック オブ アメリカ(Isuzu Commercial Truck of America, Inc.、以下ICTA)の100%出資となります。

 いすゞは現在、商用車の海外販売拡大に向け、体制の整備・強化に積極的に取り組んでおります。カナダにおいては、既存のGMカナダによる販売体制に加えて、今回、いすゞ独自による販売ルートを新設することで、一層の拡販を図っていきます。

 カナダ市場は、トラックの販売台数が約79万台/年というマーケットであり、内、今回いすゞが参入する小型トラックマーケットは、約6,500台/年規模となっております。今後いすゞはNシリーズ(国内ではエルフ)をICTCならびに既存のGMカナダの両販売網により、2007年は1,000台、3年後の2010年には、2,000台へと販売の倍増を計画しております。

 なお、ICTCにて取り扱う車両は、ICTAからICTCが輸入し、現地販売代理店を通じて販売します。


以上

(新会社の概要)
会社名 いすゞ コマーシャル トラック オブ カナダ
(Isuzu Commercial Truck of Canada, Inc.)
設立 2007年4月(販売開始:2007年6月)
所在地 トロント オンタリオ州
資本金 100万カナダドル (1.0億円)
株主 いすゞ コマーシャル トラック オブ アメリカ100.0%
主たる業務 カナダにおけるいすゞ車両・部品の輸入販売

いすゞ コマーシャル トラック オブ アメリカ(Isuzu Commercial Truck of America, Inc.)概要
設立 2003年5月
所在地 カリフォルニア州
資本金 2.6万USドル (約310万円)
株主 いすゞ:80%、Itochu Automobile America 20%
主たる業務 北米商用車事業統括管理、商用車の輸入及び卸売り、コンポーネントの輸入及び供給