プレスリリース

2007年1月22日


いすゞ、ウズベキスタンにおける、小型バス現地生産を開始


 いすゞ自動車株式会社(以下いすゞ)は、サマールカンド・オートモビールファクトリー [Samarkand Automobile Factory LLC](以下SAF)と、ウズベキスタンにおける小型バス現地生産に関する契約を締結し、生産を開始した。ウズベキスタン市場への参入は、日系企業で初めてとなる。

 いすゞは、小型トラック(エルフ)のシャーシを伊藤忠商事を通じてSAFに供給し、同社はこれをベースとする小型バスを同社工場にて組み立て、SAFブランドとしてウズベキスタン国内で販売を開始する。

 販売計画は、初年度(2007年)は1,000台/年であるが、2010年には3,000台/年への増加を見込んでおり、将来的にはウズベキスタン国内に加え、中央アジア諸国(カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン)への販売も視野に入れている。

 いすゞは中期経営計画('05年4月〜'08年3月)において、海外CV事業の強化・拡大を進めており、これまでいすゞオーストラリアの100%子会社化、欧州(ベネルクス、イベリア、ドイツ・オーストリア、マーケティング会社)、アセアン(マレーシア)、アフリカ(南ア)という既存市場での新会社設立、中米(メキシコ)、CIS(ウクライナ、ロシア)、インドという新興国への参入を進めてきた。今回のウズベキスタン参入も、これら拡販施策の一環となる。

 ウズベキスタンは人口2,660万人で、世界第二位の綿花生産国。また地下資源にも恵まれ、周辺の中央アジア諸国も含め、今後の経済発展が期待できる市場であり、近年では自国における自動車産業育成に力を入れている。

以上


<参考>SAF社の概要
会社名 サマールカンド・オートモビールファクトリー
(Samarkand Automobile Factory LLC: SAF)
代表者 スリマン・ウラコフ (Suleyman Urakov)
設立日 2006年10月31日
所在地 ウズベキスタン共和国 サマールカンド市
資本金 約27百万米ドル(約32億円)
株主 UZAUTOSANOAT:74%、Asaka bank:26%
主たる業務 商用車の組み立て、販売