プレスリリース

2006年12月1日


いすゞ、国内事業新会社設立について


 いすゞ自動車株式会社(以下「いすゞ」)は、お客様へのサービス向上及び国内販売事業の長期的収益基盤の確立を目指し、ライフサイクル事業の強化のため伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠」)と合弁で「いすゞネットワーク株式会社」(以下、新会社)を設立する。

 いすゞグループは、お客様の車両購入から代替/廃車に至るまでの使用過程において発生するすべてのニーズに対応するサービスとしてライフサイクル事業に取り組んでいる。
 新会社は現在個々のいすゞ販売会社、国内関連会社が行っているライフサイクル事業を連携させると共に、販売会社の経営効率化の為の支援を行っていく。

 具体的には、ライフサイクル事業の企画立案、マーケティング、システム基盤構築をして販売会社に提供すると共に、販売会社の不動産管理、集中購買、間接業務効率化等の経営支援を行う。これにより販売会社は、本来業務である販売、アフターサービスに集中しライフサイクル事業の早期確立・強化を目指す。

 新会社は、販売会社が所有する不動産を集約管理するため、いすゞグループの不動産関連事業を行っているいすゞエステート株式会社を母体とし、増資及び社名変更する。尚、増資にあたり、伊藤忠からも出資を受けて、最終的な出資比率をいすゞより75%、伊藤忠より25%とする。また、国内連結販売会社15社および連結事業会社3社(株式会社いすゞユーマックス、株式会社アイ・シー・エル、いすゞ車体株式会社)の株式を買い取る。
 なお、既存の準備会社は清算予定。

会社名 いすゞネットワーク株式会社
設立 2007年2月1日 (予定)
所在地 東京都品川区
資本金 500億円(予定)
株主 いすゞ自動車75%・伊藤忠商事25%
事業内容 (1)ライフサイクル事業の戦略策定と販売会社の支援
(2)連結販売会社・事業会社の経営効率化の支援

以上