プレスリリース

2005年2月22日


いすゞ 商用車用テレマティクス
「みまもりくんオンラインサービス」の展開を拡大


 いすゞ自動車(株)は、商用車用テレマティクス「みまもりくんオンラインサービス」に、ルート配送の効率化および予防整備に寄与するメニューを新たに設定すると共に、適用範囲を小型トラック『エルフ』及び中型トラック『フォワード』にまで拡大し、2月28日より発売します。これに合わせて、初期導入価格及び月当たりの利用価格を大幅に引き下げ、トラックの情報化を加速させることとしました。
 「みまもりくんオンラインサービス」は、パケット通信網とインターネットを活用し、リアルタイムに車両の運行情報(燃費、CO2・NOx・PMの排出量、位置情報、ドライバー運転操作情報など)を提供するシステムで、昨年2月にいすゞの大型トラック『ギガ』を対象にサービスを開始し、運送会社及び荷主企業の経営効率向上に効果を発揮しています。 
 現在いすゞでは、トラックというハードだけでなく、トラック輸送をより効率化するソフト面の提案活動にも全力を挙げて取り組んでいますが、今回の「みまもりくんオンラインサービス」展開拡大により、幹線輸送から小口輸送まで、トラックにおける全ての輸送形態をカバーするシステムが完成したことになります。
 また、提供価格を、初期導入価格として車載端末および通信端末込みで49,980円/台(消費税込、取付工賃別途)、月当たりの利用価格は945円/月(消費税込)の定額制(au基本料および通信料はいすゞ負担)と、既に展開している大型トラック『ギガ』も含めて大幅に引き下げます。いすゞ自動車は、商用車のリーディングカンパニーとして、トラックの情報化をより一層促進すると共に、市場への定着を率先して推進していきます。
 主な特長は次の通りです。

○  運行ダメージを最小限に止めるリアルタイムの情報サービスとして、「輸送状況お知らせサービス」を新たに設定しました。みまもりくんが定期的な連絡を確実に代行することで、延着情報などをリアルタイムにキャッチできる他、車の運行状態を常に把握することが可能になりました。
輸送状況お知らせサービス
○  車両使用状況を示す「メンテナンスレポート」を新たに設定し、お客様に対する最適な予防整備提案を可能にしました。
○  経費節減・効率化を促進する運行ごとのレポートサービスとして、「省燃費運転ダイジェストサービス」を新たに設定しました。省燃費運転レポートサービスのダイジェスト版として10人分の乗務員レポートを一覧化、要改善ポイントには★印をつけるなど、運行管理者が使いやすいフォーマットとしました。
○  「運行時間分析レポートサービス」を改良し、ルート配送をイメージした内容にしました。計画された運行時間との差を分析し、正確な運行時間管理をサポートします。

■販売価格 *1
  販売価格
消費税抜き 消費税込み
初期導入価格 *2 47,600円/台 49,980円/台
ご利用価格 *3 900円/月 945円/月
*1 大型トラック『ギガ』、中型トラック『フォワード』、小型トラック『エルフ』共通
*2 車載端末込み、取付工賃別途
*3 au基本料および通信料込(いすゞ負担)

目標契約台数
『エルフ』、『フォワード』、『ギガ』合わせて 2,200台/年 (2005年度)

適合車型
新短期排ガス規制適合の『エルフ』、『フォワード』
長期排ガス規制対応(KL-)以降の『ギガ』
*ディーゼルエンジン車のみ
*上記の他、一部適合外の車型があります

必要な動作環境
パソコン
OS:Microsoft Windows95、Microsoft WindowsNT4.0以上(Mac OSは除く)
ブラウザ:Internet Explorer 5.5 SP2、6.0 SP1/Netscape 4.75 のみ
レポート表示:Adobe Acrobat 5を推奨(Adobe Reader 6.Xではパソコンの設定変更が必要となります)
実装メモリー:64MB以上を推奨
CPU:PentiumII クラス以上のプロセッサー搭載を推奨

プリンタ
A4サイズのカラー印刷が可能なプリンタ

インターネット接続環境
レポートのダウンロードがありますので、ADSLなどブロードバンドの接続を推奨します

Eメールアドレス
連絡用アドレスの登録には、パソコン、携帯電話のいずれかが必要となります


以上