プレスリリース

2005年2月16日


いすゞ、総額3,000億円規模のシンジケートローン契約を締結


 いすゞ自動車株式会社は、2005年2月16日付でみずほコーポレート銀行をアレンジャーとする総額3,000億円規模の下記シンジケートローン契約を締結いたしました。

 本シンジケートローンは、2,400億円のタームローンと620億円のコミットメントラインから成り、タームローンは既存長短借入金のリファイナンスの為に、コミットメントラインは流動性の補完の為にそれぞれ組成されたものです。

 昨年11月に発表いたしました「資本減少(II 種優先株式の強制有償消却の方法による資本減少)および資本準備金減少」による普通株の希薄化リスクの軽減および繰越損失の解消といった施策に引き続き、本シンジケートローンの組成は、本年4月からスタートする「中期経営計画」を実行していく上で、財務面での確固たる基盤を構築するものです。


<シンジケートローンの概要>
  タームローン5年 タームローン7年 コミットメントライン
借入(極度)額 800億円 1,600億円 620億円
借入(契約)期間 5年 7年 1年
アレンジャー みずほコーポレート銀行 みずほコーポレート銀行 みずほコーポレート銀行
コ・アレンジャー 三菱信託銀行
東京三菱銀行
横浜銀行
日本政策投資銀行
三菱信託銀行
東京三菱銀行
横浜銀行
日本政策投資銀行
三菱信託銀行
東京三菱銀行
横浜銀行
エージェント みずほコーポレート銀行 みずほコーポレート銀行 みずほコーポレート銀行
参加金融機関数 25金融機関 25金融機関 14金融機関


以上