プレスリリース

2005年11月2日


いすゞ、オーストラリアの商用車販売事業を100%子会社化


 いすゞ自動車株式会社(以下いすゞ)は、この度オーストラリアでのCV(Commercial Vehicle)販売子会社いすゞゼネラルモーターズ オーストラリア(IGM)の出資比率を60%から100%に引き上げ、社名も新たにいすゞオーストラリア(Isuzu Australia Limited)とする。
いすゞは現在、中期経営計画('05年4月〜'08年3月)における、商用車の海外拡販計画(15万台から30万台へ)達成に向け、海外販売体制の整備・強化を進めている。

1. IGMへの出資比率の引き上げ
IGMは従来、いすゞ60%、GM40%の出資となっており、オーストラリアにおける商用車(C&Eシリーズ、Fシリーズ、Nシリーズ)の輸入・販売を行ってきた。
今回、オーストラリアでの商用車16年No.1の堅持並びに更なるシェア拡大に向けて、迅速な決定・実行が必要不可欠であると判断し、GMの保有する全株式40%を1百万豪ドル(約83百万円)で買取り、当社出資比率を100%まで引き上げることとした。
2. 出資比率引き上げのねらい
オーストラリアは、年間約3万台規模の商用車市場ではあるが、有数の資源国であることから、今後も順調な経済成長により、市場規模も拡大していくものと考えられている。 いすゞは、現地ディストリビューターを100%子会社することにより、この事業機会を取り込み、連結収益拡大への貢献度を高めるとともに、役員全員をいすゞ指名とすることで、事業・収益拡大に関する意思決定および実行の迅速化を図ることとした。

以上

<いすゞオーストラリアの概要>
会社名(予定) Isuzu Australia Limited (IAL)
株式移転日 2005年11月1日
所在地 オーストラリア メルボルン市
代表者 村田 正行(Masayuki Murata)
資本金 10百万豪ドル(約8.3億円)
株 主 いすゞ:100.0%
主たる業務 オーストラリアにおけるいすゞ商用車の輸入、販売