プレスリリース

2004年12月24日

部品発注システム統合に伴う、年末年始連休の延長について


いすゞ自動車(以下いすゞ)は、生産担当部署において、当初の年末年始連休(12月29日〜1月5日)を延長し、12月29日から1月9日までの12連休とすることになりましたのでお知らせします。

 年末年始連休延長の具体的な対象部署は、藤沢工場、川崎工場、栃木工場の直接生産に関わる部署で、対象人員は約2,800名程度(全社員の約4割)となっています。また、延長される休日の扱いについては今期中(〜2005年3月31日)の休日からの振り替えとし、具体的な条件等については今後労働組合と協議し決定する予定です。
 また、現時点で今期通期としての生産計画に変更がないため、業績予想の変更はありません。

 いすゞは、生産体制の再構築として川崎工場の再配置を順次進め、本年5月には大型トラックの組立ラインを藤沢工場に移管しました。またエンジンの組立ラインも栃木工場へ集約を行っていますが、併せて生産に関わるシステムも統合を進めています。
 今回、この年末年始連休で予定していた部品発注システムの統合について、当初予想より作業が大幅に延びることが明らかとなったため、連休明けでの混乱を回避し生産立ち上げに万全を期すため、休日振替による連休の延長を決定しました。

以上