プレスリリース

2003年8月21日

いすゞ 小型トラック 『エルフKR』 シリーズに1.5トン積車を追加設定
〜 1.5トン積クラス*1で初めて新短期(平成15年)排出ガス規制に適合 〜


エルフKR 1.5トン積車
 いすゞ自動車(株)は、小型トラック「エルフ」の1.5トン積車を、同クラスで初めて新短期(平成15年)排出ガス規制に適合させると共に、PMキャタコンバータ(酸化触媒※1)を全車に標準装備し、各自治体条例にも適合させるなど環境性能の向上を図り、『エルフKR』として8月21日より発売します。

 いすゞは、昨年6月、「エルフ」の2−3トン積クラス車を、同クラスとしては初めて新短期(平成15年)排出ガス規制に適合させ、『エルフKR』シリーズとして販売を開始しました。新短期(平成15年)規制をはじめ、首都圏八都県市をはじめとする自治体条例、自動車NOx・PM法など、さまざまな排出ガス規制に対応することから各方面より高い評価を頂き、発売以来のシェアは最高で39.5%(03年5月度*2)、特に首都圏における最高シェアは46.6%(03年5月度東京地区*2)に達しています。

 今回は、この『エルフKR』シリーズに1.5トン積車を追加設定し、ラインアップの充実を図りました。
 主な特長は次の通りです。

エルフ1.5トン積車(NHR/NHS)に搭載している4JG2型ディーゼルエンジン(3.1リットル渦流室式 ※2)に改良を施し、NOx・PM等を低減させると共に、PMキャタコンバータの装着等により以下規制への適合を図りました。
1.5トン積クラスで初めて新短期(平成15年)排出ガス規制適合
自治体(8都県市)条例適合 (粒子状物質減少装置の認定取得)
自動車NOx・PM法適合

<エンジン改良点概要>
EGR(排出ガス再循環装置)を標準装備し、一度排出されたガスを再び吸入空気と混合することで燃焼温度を低下させ、NOx(窒素酸化物)排出量の低減を図りました。
サイレンサー一体型のPMキャタコンバータを標準装備しました。白金含有量を増やした強酸化タイプの酸化触媒を採用し、PMの低減を図りました。

 同時に、日産自動車(株)よりOEM供給を受けている『エルフ100』についても、平成13年ガソリン排出ガス規制に適合させる等の改良を行い、国土交通省低排出ガス車認定実施要領による「良−低排出ガス車 ☆」の認定を取得し、8月21日より発売します。
(*1.1.25〜1.6トン積キャブオーバー型ディーゼルトラック)
(*2.自社調べ)

<目標販売台数>
◇ エルフKR 1.5トン積車
6,000台/年
◇ エルフ100
400台/年

<エルフKR 1.5トン積車 東京地区希望小売価格>
(消費税含まず) (※写真添付)
車型 エンジン
(最高出力)
最大
積載量
主な仕様 東京地区希望小売価格
KR-NHR69E-4VXA
4JG2
(88PS)
1.6トン 木製平ボディ、標準キャブ
後輪偏平ダブルタイヤ、2WD
2,157,000円
KR-NHR69EV-4VXY 4JG2
(88PS)
1.6トン 木製平ボディ、標準キャブ
後輪偏平ダブルタイヤ、2WD
2,078,000円
KR-NHS69EA-7CXA 4JG2
(88PS)
1.6トン 木製平ボディ、標準キャブ
後輪偏平ダブルタイヤ、2WD
2,430,000円

<エルフ100 東京地区希望小売価格>
(消費税含まず)
車型 エンジン
(最高出力)
最大
積載量
主な仕様 東京地区希望小売価格
TC-ASH2F23-7C1B KA20
(120PS)
1.3トン 標準ボディ、シングルタイヤ
低床、スチール荷台、5MT
1,607,000円


<補足説明>
(※1. PMキャタコンバータ)
排出ガス中のPM(粒子状物質)のうち、未燃HC(炭化水素)と潤滑油HCを触媒により酸化させ水と二酸化炭素に変換し、PMを低減する装置。
(※2. 4JG2型ディーゼルエンジンスペック)
*申請値
  新型 4JG2 (参考) 従来型 4JG2 (参考)新短期規制値
排気量(cc) 3059
内径×行程(mm) 95.4x107
最高出力[kW(PS)/rpm] 65(88)/3600 69(94)/3600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 189(19.3)/1800 202(20.6)/1800
圧縮比 20.1 20.1
排出ガス NOx(g/kW・h) 3.29 4.50 3.38
PM (g/kW・h) 0.09 0.23 0.18
CO(g/kW・h) 1.85 4.00 2.22
HC(g/kW・h) 0.33 1.80 0.87