プレスリリース

2003年8月1日


平成16年3月期 第1四半期業績の概況(連結)


上場会社名
コード番号 7202
(URL http://www.isuzu.co.jp/)
いすゞ自動車(株) 上場取引所 東証第一部
本社所在都道府県
東京都
代   表  者
問合せ先責任者
取締役社長 井田義則
総務人事部 グループリーダー 土屋良文
TEL (03) 5471 - 1141



1. 四半期業績の概況の作成等に係る事項

(1) 中間(連結)財務諸表の作成基準をベースにしつつ、投資家等の利害関係者の判断を大きく誤らせない範囲で、一定の簡便な手続を採用している。
(2) 公認会計士又は監査法人による関与の状況: 無

2.平成16年3月期第1四半期業績の概況(平成15年4月1日〜 平成15年6月30日)

(1) 経営成績(連結)の進捗状況 (百万円未満切り捨て)
項目 売上高 営業利益
 
平成16年3月期第1四半期
平成15年3月期第1四半期
百万円
318,359
281,715

13.0
百万円
13,089
△ 13,610


(参考) 平成15年3月期
1,349,449   
15,462   

(参考) 経営成績(単体)の進捗状況
項目 売上高 営業利益
 
平成16年3月期第1四半期
平成15年3月期第1四半期
百万円
191,034
152.726

25.1
百万円
12,648
△ 6,035


(参考) 平成15年3月期
760,608   
13,128   
(注) 売上高及び営業利益は、当該四半期までの累計値である。
パーセント表示は、前年同四半期比増減率を示す。

[経営成績(連結)の進捗状況に関する補足説明]
 当第1四半期において、日本セグメントでは、前年度に実施した固定費削減活動の成果が現れた他、国内市場における排出ガス規制強化によるトラック買い替え需要もあり、前年同期に比べて大幅な増収増益となっております。
 北米セグメントでは、現地エンジン製造会社が前年度末に連結から外れた影響が大きく、売上高は減収となっておりますが、事業構造改革の進展により収益的には改善しております。
 その他セグメントでは、特にタイに投入したピックアップトラックの好調な販売の結果、前年同期に比べて増収増益となっております。
 以上の結果、当第1四半期における売上高は3,183億円(前年同期比13.0%増)、営業利益は130億円(前年同期は136億円の損失)となっております。

(2) 当該四半期において企業集団の財政状態及び経営成績に重要な影響を与えた事象
該当する事象は特に発生しておりません。
3. 平成16年3月期の連結業績予想( 平成15年4月1日〜 平成16年3月31日)

通期の業績については、当初予想通りであります。