プレスリリース

2003年7月8日


<お知らせ>

いすゞ 『エルフCNG車』
累計登録台数 5,000台を突破


 いすゞ自動車(株)が製造・販売している、小型トラック『エルフCNG車 *1』の登録台数が、1993年の運輸大臣(当時)認定車取得以来の累計で5,000台を突破しましたのでお知らせします。
(2003年6月末日現在で5,034台 *2

 いすゞ自動車では、軽油やガソリンなど化石燃料の枯渇問題への対応と、地球環境保全の観点から、代替エネルギーを使った低公害車の開発、普及に早くから取り組んでいます。
 なかでも、天然ガス*3を燃料とする車両の開発に力を入れ、1993(平成5)年に『エルフCNG車』で運輸大臣(当時)認定を取得し、一般路での走行実験を開始しました。その後、1996(平成8)年に一般販売を開始し、1998(平成10)年からは藤沢工場でライン生産を始めるなど、広く車両の普及に努めています。
 特に近年は、大都市における大気汚染などの環境問題が深刻化するのに伴い、低公害車に対する需要が一段と高まっており、各地方自治体や物流事業者を中心に、車両保有者が拡大しています。
 このような中、『エルフCNG車』は、品質、性能共に市場から高い評価を得て毎年登録台数を増やし、今年6月には累計の登録台数が5,000台を突破、シェア(エルフクラス)も約68%*4に達しています。
 今後も、いすゞでは、ディーゼルエンジンと共に、代替エネルギーを使用した低公害車の普及に努め、地球環境保護の推進に積極的に取り組んでいきます。
(エルフCNG車 2003年度目標販売台数 = 2000台)


*1. 
CNGは、Compressed Natural Gas=圧縮天然ガス の略称。CNG車は、燃料である天然ガスを気体のまま高圧(20Mpa)で圧縮し、車に搭載されたガス容器に貯蔵するものを指す。
*2. 
自社調べ
<エルフCNG車の登録台数とシェア>
年度 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003
いすゞ(台) 8 5 12 32 134 376 359 743 1544 1655 166
全需(台) 14 31 44 72 205 526 581 1059 2124 2431 241
シェア 57.1% 16.1% 27.3% 44.4% 65.4% 71.5% 61.8% 70.2% 72.7% 68.1% 68.9%
※2003年度分は03年4月から6月までの実績
*3. 
天然ガスは、メタンを主成分としたガスで、硫黄分などの不純物を含まないクリーンな燃料。燃焼させてもSOx(硫黄酸化物)やススが発生せず、CO2(二酸化炭素)の排出量も石油より2〜3割少ないという特性を持つ。天然ガス自動車は、PM及び黒煙を殆んど排出せず、また三元触媒を使用することで、NOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)の排出量を極めて少なくすることが可能。
*4. 
平成14年度実績(自社調べ)

以上