プレスリリース

2003年5月15日


会社名 いすゞ自動車株式会社
代表者名 取締役社長 井田義則
(コード番号 7202 東証第1部)
問合せ先 総務人事部
グループリーダー 土屋良文
(TEL.03−5471−1141)
            
業績予想の修正に関するお知らせ


 最近の業績の動向等を踏まえ、平成14年11月25日の決算発表時に公表した平成15年3月期(平成14年4月1日 〜 平成15年3月31日)の業績予想を下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。


1.平成15年3月期 単独通期業績予想数値の修正(平成14年4月1日 〜 平成15年3月31日)
(単位:百万円、%)
売 上 高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 740,000 3,000 △181,000
今回修正予想(B) 760,600 4,900 △189,400
増 減 額(B−A) 20,600 1,900 △8,400
増  減  率(%) 2.8% 63.3% △4.6%
(ご参考)
前期実績(平成14年3月期)
761,904 2,123 △56,224


2.平成15年3月期 連結通期業績予想数値の修正(平成14年4月1日 〜 平成15年3月31日)
(単位:百万円、%)
売 上 高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 1,270,000 △7,000 △170,000
今回修正予想(B) 1,349,400 △4,200 △144,300
増 減 額(B−A) 79,400 2,800 25,700
増  減  率(%) 6.3% 40.0% 15.1%
(ご参考)
前期実績(平成14年3月期)
1,597,701 △1,984 △42,991


3.修正の理由
 当社は、昨年10月に公表致しました「新3ヵ年計画」の遂行に全力を尽くしてまいりました。その結果、中間決算発表時の業績予想に比べて、平成15年3月期の経常利益につきましては、売上高の増加等により単独で19億円増加し49億円、連結で28億円増加し△42億円となる見込みですので、業績予想の修正をいたします。
 単独につきましては、全需の盛り上がりを捉えた国内向けの販売台数の増加、及びタイ/中国等その他海外向けの拡販により、売上高は前回予想値より2.8%増加する見込みです。この売上増と費用削減等の結果、経常利益は前回予想値を上回る見込みです。当期純利益につきましては、投資有価証券評価損(北米子会社、及び上場株式)の計上等の影響により、前回予想値を下回る見込みです。
 連結につきましては、国内及びアセアンでの販売台数増加等により、売上高は前回予想値より6.3%増加する見込みです。経常利益は単独及びアセアン子会社の増益等により、当期純利益は加えて連結調整等もあり、前回予想値を上回る見込みです。

平成15年3月期末の有価証券評価損に関するお知らせ

以上