プレスリリース

2003年4月1日


お知らせ
国内生産インフラ集約計画の変更について


 いすゞ自動車(株)は、平成14年12月に公表した川崎工場からの生産業務移転時期につき、昨今の急激な国内大型商用車の需要増および輸出車両の増加に対応するため、以下の通り延期することとなりましたので、お知らせします。

1. 国内生産拠点の集約・再配置の時期変更について
現工場 現在の業務 移転先工場 当初移転時期 変更後移転時期
川崎 大型商用車組立
4トン系トランスミッション組立
大型車用トランスミッション組立
藤沢 平成15年10月
平成14年12月
平成15年10月
平成16年 5月
実施済
平成16年 5月
大型エンジン組立 栃木 平成16年 2月 平成16年 5月
栃木 4トン系アクスル組立
7〜10トン系アクスル組立
藤沢 平成15年 1月
平成15年10月
実施済
平成16年 5月

2.計画変更理由について
現在、川崎工場の大型車生産台数は、国内商用車の排ガス規制対応に伴う需要増加に加え、拡大の進む中国市場を中心とした輸出の大幅な伸長により、高水準で推移している。このような状況下で生産拠点の集約・再配置を当初計画通り行うことは、この間のお客様に対する供給責任を果たせず、延いては新型車への代替による環境保全促進にも貢献できなくなると判断し、生産拠点の移転時期の見直しを決定致しました。

以上