プレスリリース

2002年10月11日


いすゞ 第36回東京モーターショー(商用車) 出品概要


 いすゞ自動車(株)は、10月30日(水)から11月3日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される第36回東京モーターショー(商用車)に、「信頼性能」 をテーマとし、「環境性能」・「経済性能」・「世界品質」の3つの視点から捉えた、いすゞの商品・システムを紹介・展示する。具体的には、市販車をベースとした参考出品車6台を含む12台の車両と、商用車の未来像を示すデザインスタディをステージモデルとして出展する。また、エンジン・テクノロジー関連の出品物として、参考出品エンジン1基を含む、低燃費でクリーンなエンジン8基や、先端技術として連続再生式DPF(Diesel Particulate Filter=ディーゼル微粒子除去装置)、NOx触媒など、参考出品 3件を含む6件の技術を出品する。
 今回のモーターショーでは、

環境性能
 いすゞがこれまでに培った実績と信頼をベースに、環境対応技術を独自の視点から表現する。
●最先端のディーゼルエンジン技術を盛り込んだ 「エルフ KR ドライバン」
●クリーンな排出ガスと高い静粛性を実現する 「エルフ CNG」
●商用車の将来像を示唆する 「エルフ ハイブリッド」 「DME ディーゼルエンジン」
●近い将来の排出ガス後処理装置 「連続再生式DPF」 「NOx触媒」
 など、いすゞ自動車が提案する環境に貢献する車両 及び技術を展示する。

経済性能
 車両の「ライフサイクルコスト」の低減を実現する、いすゞの独創的な技術を提案する。
●運転疲労や燃料費・メンテナンスコストの低減に貢献する、いすゞオリジナルトランスミッション
   「Smoother(スムーサー) シリーズ」
●荷台振動を効果的に吸収し、荷崩れ・荷傷みを大幅に低減する 4バッグエアサスペンション採用車
   「ギガマックス エアサス トラクタ」 「ギガマックス フルエアサス 低床カーゴ」
   「フォワードマックス ショートキャブ」
●個々の運転情報を分析し、燃費改善などのデータを提供する、新世代運行診断システム
   「みまもりくん」
●バリアフリー法適合だけでなく、事業者にも利を生む、いすゞ独自の標準仕様バス
   「エルガ ノンステップタイプA」
   など、車両運行で発生する、様々なコストの削減に貢献する車両 及び技術を展示する。

世界品質
 ディーゼルエンジン、商用車で世界No.1企業を目指す、いすゞの個性的な商品を紹介する。
●世界のさまざまなシーンで活躍するいすゞのピックアップトラック
   「TF型ピックアップトラック クルーキャブ」 「TF型ピックアップトラック スペースキャブ」
●頑強さと自由度の高さで定評のあるいすゞの多目的車
   「TB型 ユーティリティビークル」
●ヨーロッパ、アメリカで認められたいすゞ製ディーゼルエンジン
   「4EE2」 「6DE1」 「8GF1」

 その他、将来のトラック像を想定した 4トン車のキャブデザインスタディをステージモデルとして出品する。


エルフ KR ドライバン
エルフ KR ドライバン

ギガマックス フルエアサス 低床カーゴ
ギガマックス フルエアサス 低床カーゴ

4EE2 ディーゼルエンジン
4EE2 ディーゼルエンジン



以上