プレスリリース

2002年7月4日


いすゞ・ヤンマー、産業用ディーゼルエンジンの相互供給で合意


 いすゞ自動車株式会社(以下いすゞ)とヤンマー株式会社(以下 ヤンマー)は、両社の産業用エンジン・ビジネス強化のため、2002年内を目途に両社商品の相互供給を開始していくことで、この度合意に達した。

具体的なスケジュールは、今後両社で検討していくが、年内には一部機種の供給を開始し、以降段階的に対象機種を広げていく。供給機種については、両社開発部門を中心としたプロジェクト・チームにより、検討を行う。

両社は産業用ディーゼルエンジンに関し、現在それぞれがフルラインナップによるビジネスを展開しており、この分野での両社合わせた生産台数は今年度で約47万基を計画している。その中で、いすゞは排気量4リッター以上の大型産業用エンジンを得意としている一方、ヤンマーは4リッター未満の小型を得意としている。

 両社は、近年横ばい傾向の続く、産業用エンジン・ビジネスにおける選択と集中を進め、それぞれの持つ得意分野に特化することで、収益向上を図ることとした。このため、いすゞから排気量4〜5リッター・エンジンをヤンマーへ供給し、ヤンマーは0.5〜3リッター・エンジンをいすゞへ供給する。

これにより両社は、開発・生産リソースを得意分野に集中し、更に商品差別性を高め、一層の競争力強化を図っていくが、販売は従来通りそれぞれのルートを通じて市場投入していくこととなる。

以上
《参考》
(いすゞ自動車株式会社の概要)
会社名 いすゞ自動車株式会社
  所在地 品川区南大井
  設 立 1937年4月9日
  代表者 代表取締役社長井田 義則(いだ よしのり)
  資本金 903億円
  従業員数 11,226人(2002年3月現在)
  事業内容 自動車、輸送用機械器具、原動機等の製品及びその部品並びに関連する資材・用品の製造、販売
  産業用エンジン
  ラインナップ 14機種(排気量:1.1〜20リッター)
  産業用エンジン
  生産台数 66,000基 (02年3月期)
 
(OEM供給エンジン<ヤンマー向け>の概要)
  排気量 4.8〜5.2リッター
  気筒数 4気筒
  バルブタイプ OHC
  出 力 76〜89 kw
  トルク 268〜304 N-m
  生産工場 栃木工場
 
(ヤンマー株式会社の概要)
  会社名 ヤンマー株式会社
  所在地 大阪市北区茶屋町
  設 立 1912年3月22日
  代表者 代表取締役社長山岡 健人(やまおか たけひと)
  資本金 24億円
  従業員数 3,301人(2002年3月現在)
  事業内容 ディーゼルエンジン、農業機械、漁船・ボート、小型建設機械コージェネレーション、ガスヒートポンプエアコン等の製造販売
  産業用エンジン
  ラインナップ 33機種(0.2〜4.4リッター・ディーゼル)
  産業用エンジン
  生産台数 400,000基(02年3月期)
 
(OEM供給エンジン<いすゞ向け>の概要)
  排気量 0.5〜3.3リッター
  気筒数 2〜4気筒
  バルブタイプ OHV
  出 力 10.7〜64.0 kw
  トルク 28.4〜235 N-m
  生産工場 びわ工場