プレスリリース

2002年5月16日


いすゞ、タイでピックアップ・トラックをフルモデルチェンジ
―GMと共同開発の次世代世界戦略車―


 いすゞ自動車(株)は本日、タイにおいて1トン ピックアップ・トラックをフルモデルチェンジし、新たに「いすゞD−MAX」の名称で5月下旬より販売を開始することを発表した。
 「いすゞD−MAX」は、次世代のピックアップ・トラックとして、ゼネラルモーターズ社(以下GM)と共同開発を進めて来たもので、今後GMと共にグローバル展開を図っていく、世界戦略車と位置づけられている。

 いすゞとGMは1997年に次世代1トンクラス ピックアップ・トラックを共同開発することで合意し、以来、両社の持つ開発リソースを最大活用して、21世紀のピックアップ・トラックの世界基準となる車両の開発を進めて来た。「いすゞD−MAX」は、その商品化の第一弾として、世界基準の高度な基本性能に、タイ独自の仕様を融合させた。 既に定評ある経済性と耐久性は、より一層の向上が図られると共に、エレガントなスタイリングと、快適性の高いインテリアを実現した。さらに、パワフルかつ環境対応に優れた新型直接燃料噴射式ディーゼルエンジンを採用し、市場競争力を一層高めた。 販売台数は、今回発売開始以降、2002年内にタイ国内で5万台を計画している。

 いすゞは1974年、タイにおいてピックアップ・トラックの現地生産を開始し、市場ニーズを常に先取りした高い商品力と戦略的販売施策により、累計販売台数は96万台にのぼっている。市場シェアも1996年以来6年連続でNo.1を獲得するなど、ベストセラーの地位を確立してきた。
 そうした実績を背景に、いすゞはタイをピックアップ・トラックビジネスの中核と位置づけ、日本での輸出向けピックアップ・トラックの生産を2003年より順次、タイに移管集約することを決定している。
 生産はタイ国内とオーストラリア向け車両を泰国いすゞ自動車(IMCT)で行い、その他輸出向け車両はGMタイランドに生産委託する。 2005年には、IMCTで11万台、GMタイランド5万台の生産を計画している。

 「D-MAX」の発売を皮切りに、いすゞとGMは、両社の生産設備や、GMグループの流通、販売網の活用を図りながら、次世代ピックアップ・トラックを順次世界市場に投入し、グループ全体で年間50万台を超える販売を計画している。

以上
新型ピックアップ・トラック「いすゞD−MAX」

《新型ピックアップ・トラック「いすゞD−MAX」の特徴》

1.名称の由来 Dは、ディーゼル(Diesel)・直噴(Direct Injection)・デザイン(Design)・ 耐久性(Durability)・
ドラゴン(Dragon=現行車のイメージキャラクター)から引用。
MAXは、デザイン・サイズ・快適性・テクノロジー・パフォーマンス・安全性・耐久性・
ラインアップの最大、最極化を表現する。
2.開発の狙い 感性への訴求と人間工学を両立したエレガントデザイン。
革新的テクノロジーと細部にわたる高品質。
タフな信頼性。
3.車型構成 ラグジュアリー・グレードの「スペースキャブ」。
オフロード性能を追求した4WDグレードの「ロデオ」。
スタンダード・グレードの「スパーク」の3タイプ。
4.エンジン 3リッター及び2.5リッター新型直噴ディーゼルエンジン。

(参考)

生産会社《泰国いすゞ自動車(IMCT)概要》
社名 泰国いすゞ自動車(Isuzu Motors Co., (Thailand) Ltd.)
所在地 タイサムットプラカン県
設立 1966年
資本金 15億バーツ
事業内容 大型・小型商用車・ピックアップの生産
生産実績 2000年 72,180台(内ピックアップ 68,349台)
2001年 74,289台(内ピックアップ 70,988台)
生産能力 155,000台

販売会社《トリペッチいすゞセールス(TIS)概要》
社名 トリペッチいすゞセールス(Tri Petch Isuzu Sales Co., Ltd.)
所在地 タイバンコク市
設立 1974年
資本金 83億5千万バーツ
事業内容 商用車・RVの輸入、販売
販売実績 2000年 57,628台(内ピックアップ 53,846台)
2001年 69,643台(内ピックアップ 65,892台)

以上