プレスリリース

2002年1月11日


日野・いすゞ、バス合弁事業を2003年から開始することで合意


 日野自動車株式会社(以下 日野)といすゞ自動車株式会社(以下 いすゞ)は、バス事業の協業について、2003年を目途に、両社のバス製造子会社の合併により新会社を設立して事業を開始することの方向性について合意し、具体化の準備に入った。
 具体的な事業化スケジュールとしては、必要な公的手続を経て、2002年内を目途にバス造子会社の合併・設立準備作業を進めるための合弁会社(以下 設立準備会社)を設立する。
  2003年10月には設立準備会社、両社のバス製造子会社である日野車体工業株式会社、いすゞバス製造株式会社の3社を合併し、バスの合弁事業を本格的に開始する。
  バス事業合弁会社の生産は、現日野車体工業が建設中の小松工場と、現いすゞバス製造の宇都宮工場の2拠点を活用しスタートする。また、両社のもつ現行車のモデルチェンジ時期を考慮しながら順次、次世代新商品を投入していく。

 バス事業は、社会性・公共性の強い事業ではあるが、市場規模の縮小、生産能力の過剰等の構造的問題を抱え、事業収益の悪化により、事業の継続に困難をきたしている。
  この様な環境に対応し、さらに将来の社会的要請に応えるため、日野といすゞは協力して事業の抜本的構造改革と再構築を図り、経営改善と事業強化を推進することにしている。

事業体の概要は以下の通り。

1.設立準備会社
〔概要〕
設立 2002年内(予定)
事業内容 ・合弁会社の事業計画策定
・商品計画、生産計画策定
・バス事業合弁会社の業務システム構築
2.バス事業合弁会社
〔概要〕
設立 2003年10月(予定)
設立方法 設立準備会社・日野車体工業・いすゞバス製造の3社合併
生産拠点 小松工場(現日野車体工業)、宇都宮工場(現いすゞバス製造)
事業内容 バス設計・製造・部品調達

以上

【本件のお問い合わせ先】

日野自動車株式会社 経営企画部広報室 TEL:03−5419−9320
いすゞ自動車株式会社 広報部 TEL:03−5471−1138

以上