プレスリリース

2001年10月10日


いすゞ国産トラクタではじめて
機械式フルオートマチックトランスミッション搭載車を発売


 いすゞ自動車(株)は 「ギガ トラクタ」シリーズに、 国産トラクタで初めて機械式フルオートマチック トランスミッション「Smoother(スムーサー)−G」搭載車 及び 「EBS(Electric Brake System=電子制御式 ブレーキシステム)」装着車を新規設定し、10月10日 より全国一斉に発売する。

 「Smoother−G」は、イージードライブ性・経済性を向上させる新型 機械式フルオートマチックトランスミッション で、発進から停止まで完全自動変速を行うため、ドライバーの運転疲労を大幅に低減できる。また、マニュアル変速や微速走行にも対応しており、運行状況に応じた走行が可能である。 さらに、自動変速により、ドライバーごとの燃費やクラッチディスク摩耗のばらつきを低減する。

 一方 「EBS(Electric Brake System=電子制御式ブレーキシステム)」は電子制御によるブレーキ関係の総合コントロールシステムで、従来のABS/ASR(*)機能に加え、積載状態に応じてトレーラ側も含めた制動力の最適コントロールを行うことにより、トレーラ連結状態での制動安定性を向上させる。

* ABS(アンチロック・ブレーキ・システム):制動時の車輪ロックを抑制し、安定した車両姿  勢の確保に貢献する。

 ASR(アンチ・スリップ・レギュレター):発進・加速時の車輪の空転を抑制し、安定した車両 姿勢の確保に貢献する。

1.機械式フルオートマチックトランスミッション「Smoother−G」

 国産トラクタ初の機械式フルオートマチックトランスミッション。発進からクラッチ操作が不要で、車速に応じ、最適段に自動的に変速する。主な特長は

 ◎運転疲労の低減

・トラクタの運転では きめこまかいシフト操作が要求されるが、Smoother−Gは発進から停止まで自動的にシフト操作、クラッチ操作を行い、16段ミッションをきめこまかく最適段に切り替えるた め、イージードライブが可能となり ドライバーの運転疲労を大幅に低減する。

◎燃費の向上・平準化

・発進から停止まですべて最適なシフト操作、クラッチ操作を自動で行うため、ドライバーごとの 燃費のばらつきが少なく、熟練度の高いドライバーに相当する省燃費運転ができる。

◎その他

・発進時から停止時まで 最適なクラッチ操作をおこなうため、ドライバーごとのクラッチディス摩耗のばらつきが減少し 平準化される。

・クラッチペダルを使用した超微速走行が可能なため、荷役作業時のプラットホーム付けなどより 繊細な操作が必要な場合は マニュアルミッション車同様に運転することができる。

・自動変速時・マニュアル変速時共に ミスシフトによるオーバーラン状態(*)を防ぐ機構が備わっ ている。また、シフトダウン時にはエンジン回転を、シフトアップ時にはミッションのカウンターシャ フト回転を自動的に制御することにより、エンジンや変速ショックによる車両ダメージをやわらげ、安全、確実な運行をすることができる。 (*エンジンが許容回転数以上に廻る状態。)

2.EBS (Electric Brake System=電子制御式ブレーキシステム、7段トランスミッション車に標準装備)

 電子制御によるブレーキ関係の総合コントロールシステム。トラクタのブレーキと トレーラのブレーキを、速度や重量の変化に応じて最適に制御するため、トレーラ連結時の走行安定性が飛躍的に向上する。 主な特長は

◎制動安定性の向上

・積載量に応じて、トレーラ側も含めた車軸ごとの制動力を最適に制御するため、制動時の車両姿 勢が安定し、トレーラからの突き上げなどが減少する。

・電気信号によりブレーキ制御をおこなうため、応答時間が短くなり、制動距離を短縮するととも に、空車・積車状態にかかわらず、同じ感覚でのブレーキ操作を実現する。

*「Smoother−G」、「EBS」を同時に装着する車型は現在設定しておりません。

<目標販売台数> ギガトラクタシリーズ全体で 800台/年
<ギガ トラクタ 東京地区希望小売価格>(消費税含まず)
車型 用途 エンジン 主な仕様 東京地区希望小売価格
EXZ75J3XRZ 重量品輸送 10TD1 Smoother−G
フルオートエアコン
第5輪荷重 23.5トン
18,135,000円
EXD52D3X5NTWA 汎用 6WG1−TCS EBS
フルオートエアコン
第5輪荷重 9.0トン
13,409,000円

以上