プレスリリース

2000年9月13日


いすゞ 小型トラック 「エルフ」 のLPG車に
積載量2〜3トンクラスを新規設定


 いすゞ自動車(株)は、小型トラック 「エルフ」のLPG(*)車に、標準キャブで積載量2〜3トンクラスの車両を新規設定し、9月13日より全国一斉に発売する。
(*Liquefied Petroleum Gas = 液化石油ガス)

いすゞは、1998年に発売し、市場から好評を得ている積載量1.5トンクラスの「エルフ」 LPG車に、今回、積載量を拡大した2〜3トンクラスの車両を新規設定し、幅広いユーザーニーズに対応できる車型展開とした。

 LPG車は燃焼過程で発生するNOx(窒素酸化物)、HC(炭化水素)などの大気汚染物質を大幅に低減することができ、黒煙が発生しないという特性を持っている。 また、LPGはタクシーの燃料としても多く使用され、燃料補給設備などのインフラが比較的整備されている。さらに、LPGは液体のため車両搭載性が良く、一充填当たりの走行距離も実用的なことなどから、需要が増加傾向にある。


主な車両特長は次の通り:

(1) 定評のある 「4HG1型」 ディーゼルエンジンをベースに、 「4HG1−LPG型」 エンジンを新開発した。 小型トラックに搭載されるLPGエンジンとしては、クラストップの最高出力 [92kW(125PS)/3200rpm] 、最大トルク [356N・m(36.3kg.m)/1600rpm] を発生し、耐久性、信頼性もディーゼルエンジンベースゆえの高性能を実現した。 排出ガス値は、ディーゼル車の平成10年排出ガス規制値に対し、NOx、HCを約95%、黒煙を約100%と大幅に低減した。

(2) 補助ブレーキ 「電磁式リターダ」 を標準装着し、高速道路や長い下り坂はもちろん、市街地でも高い制動効果を発揮し、制動能力の大幅な向上を図った。

(3) SRSエアバッグ付衝撃吸収ステアリングホイール、及びロードリミッター付シートベルトを標準装備し、前面衝突時のドライバーへのダメージを軽減するなど、安全性の向上を図った。

(4) 塵芥車に171リットルの大容量LPGタンクを標準装着し、1充填当たりの走行距離の延長を図った。



<目標販売台数> エルフ LPG車(積載量2〜3トンクラス) 300台/年

<エルフ LPG車 東京地区希望小売価格>(消費税含まず)
車型 エンジン 主な仕様
東京地区希望小売価格
KK−NKR71ER
−5JMXA−L
4HG1-LPG
92kw (125PS)
3トン積み 標準キャブ
標準ボディ 平ボディ
3,119,000円
KK−NKR71EP
−5EXY−L
4HG1-LPG
92kw (125PS)
2トン積み 標準キャブ
標準ボディ キャブ付シャシ
2,922,000円

以上