プレスリリース

2000年8月28日


いすゞ 大型トラック『ギガマックス』 のショートキャブ車
及び中型トラック『フォワード』の新増トン仕様車を新規設定


 いすゞ自動車(株)は、大型トラック 『ギガマックス』 シリーズにショートキャブ車を新規設定するとともに、中型トラック 『フォワード』 シリーズに新増トン仕様車を設定し、8月28日から全国一斉に発売する。

 いすゞ自動車の商用車シリーズは、「信頼と安全」をベースコンセプトに車両開発をおこなっている。 今回 は、大型トラック 『ギガマックス』 及び中型トラック『フォワード』に、特に積載性を追求した車型を新たに追加設定した。
 大型トラック 『ギガマックス』 では、キャブの全長を短くしたショートキャブ車を新規設定し、荷台長を拡大するなど、積載性の向上を図った。
 また、中型トラック 『フォワード』 では新増トン仕様車を設定し、フロントアクスル/リヤアクスルの変更などにより、従来から設定している車両総重量(GVW)13.5トンを14.5トンに拡大するなど、積載性を向上させる改良を施した。

主な特長は次の通り:

1.ギガマックス ショートキャブ車

(1)キャブ後部のレストスペースを縮小したショートキャブ車を 『ギガマックス』 に新規設定した。
これにより荷台長を最大10mとることが可能となり、積載性を向上させた。
(従来の最大荷台長は9.6m)
(2)高速幹線輸送に最適な、軽量・低燃費の6SD1−TCS型インタークーラーターボエンジンを搭載し、軽量エンジンによる積載性の向上と、低燃費による経済性を両立させた。
(3)走行中の変速時にクラッチ操作を不要とする「セミオートクラッチ」をオプション設定し、ドライバーの運転疲労の低減を図った。


2.フォワード 新増トン仕様車

(1)フロントアクスル/リヤアクスルの変更により、軸許容限度を向上させた新増トン仕様車を設定した。これにより、従来の増々トン仕様車では最大13.5トンだった車両総重量(GVW)が、新増トン仕様車では最大14.5トンとなり、積載力が向上した。
(2)荷台振動を大幅に低減し、高品質輸送に貢献する、4バッグエアサスペンション搭載車 『フォワードマックス』 の車型展開を拡大した。



《目標販売台数》

ギガマックス ショートキャブ車 200台/年
フォワード 新増トン仕様車 800台/年


《『ギガマックス ショートキャブ車』 東京地区希望小売価格》 (消費税含まず)

車型 エンジン型式
最高出力
GVW
(トン)
東京地区
希望小売価格
備考
KL‐CYL23V3 
6SD1-TCS
250kW(340PS)
25.0
12,490,000円
キャブ付シャシー
4バッグエアサスペンション

《『フォワード 新増トン仕様車』 東京地区希望小売価格》 (消費税含まず)

車型 エンジン型式
最高出力
GVW
(トン)
東京地区
希望小売価格
備考
KL‐FSD33L4R
6HH1
165kW(225PS)
14.5
6,478,000円
キャブ付シャシー
4バッグエアサスペンション
KL‐FSR33L4R 6HH1
165kW(225PS)
14.5
6,218,000円
キャブ付シャシー
リーフサスペンション