プレスリリース

2000年10月18日


いすゞ、世界最大のマリンエンジン販売会社、米国マーキュリー
マークルーザーにポーランド生産の小型直墳ディーゼルエンジンを供給


 いすゞ自動車(株)は、世界最大のマリンエンジン販売会社である、米国マーキュリー マークルーザー(本社: オクラホマ州スティルウォーター、以下マークルーザー)に、プレジャーボート等の船内外機用小型ディーゼルエンジンを供給する。 生産は、いすゞのポーランドにおけるディーゼルエンジン生産会社、いすゞモータース ポルスカ(以下ISPOL)が行い、2001年3月より開始する。 供給するエンジンは、現在ドイツ オペル社向けに供給している乗用車用エンジンをベースに、マリン用として改造したもので、排気量1.7リッター、4バルブ DOHCターボチャージャー付の燃料直接噴射式ディーゼルエンジンである。

 マークルーザーは、米国のレジャー産業大手、ブランズウィックコーポレーションのマリン事業部門であるマーキュリーマリン社の一部門として、プレジャーボート用船内外機を全世界で販売、ガソリンエンジンでは世界シェア70%以上(1999年実績)を占めている。 同社は、近年の欧州マリン市場におけるディーゼルエンジン需要の高まりに応じて、ディーゼル部門の強化を図るため、新たな調達先を求めていた。 この度、いすゞの小型直墳ディーゼルの供給が決まったのは、いすゞの持つディーゼルエンジンメーカーとしての実績と、既に欧州市場で好評を博しているISPOL製エンジンの優秀性が認められたものである。 特に、マークルーザーは、高出力、高回転かつ軽量、コンパクトなエンジン性能を評価している。 いすゞは1.5リッターの小型から20リッターの大型クラスまで、フルラインでマリン用エンジンをラインナップしており、今後ディーゼルエンジン部門の強化を図ろうとしているマークルーザーの、いすゞに対する期待は大きい。そのため、今後も両社は供給機種の拡大について検討を進める計画である。

 このエンジンの生産を行うISPOLでは、欧州におけるディーゼルエンジン需要の高まりと、ISPOL製エンジンの性能と品質に対する高い評価から、現在、高稼動の生産が続いている。 今年の生産台数は約16万台を計画(年初計画10万台)、2001年には、当初計画を1年前倒しして、年産約30万台体制(3直生産)となる予定である。

以上


《資 料》

マーキュリー マークルーザー Mercury Mercruiser
業務内容 ブランズウィックコーポレーションのマリン事業部門である
マーキュリーマリーン社の船内外機販売部門
所在地 アメリカ合衆国オクラホマ州スティルウォーター
代表者 バリー L. エラー Barry L. Eller
売上高 16億1,500万USドル(1999年)



ブランズウィックコーポレーション Brunswick Corporation
業務内容 プレジャーボート、マリンエンジン、フィットネス、ボーリング、
ビリヤード用品などで世界シェアトップの総合レジャー用品メーカー
所在地 アメリカ合衆国イリノイ州レイクフォレスト
代表者 ジョージ W. バックリー George W. Buckley
創立 1845年
売上高 42億8,400万USドル(1999年)
以上