プレスリリース

1998年9月9日


いすゞ、GM、北米にディーゼルエンジン生産会社を設立


いすゞ自動車(本社;東京都品川区、会長;関 和平 以下いすゞ)とゼネラル モータース(General Motors Corporation、本社;ミシガン州デトロイト市、会長;John F. Smith 以下GM)は、この度、アメリカ合衆国のオハイオ州モレーン市に、合弁でディーゼルエンジンの製造・販売会社「ディーマックス リミテッド(DMAX Ltd.)」を設立した。
新会社ディーマックス リミテッドの資本金は1億ドルで、出資比率はいすゞの北米ビジネスの統括会社いすゞ モータース アメリカ インク(Isuzu Motors America、 Inc.、本社;ミシガン州プリマス、社長;細井 行)が60%、GMが40%となっている。総投資額は3億ドルで、2000年8月よりいすゞ新開発の、6.6リットルV8型直噴ディーゼルエンジンの生産を開始し、2004年には生産規模を20万台にまで拡大する予定である。このディーゼルエンジンはGMのトラックに搭載されることとなる。
1997年夏、いすゞとGMはGMグループのグローバルな競争力強化を図るため、それぞれの得意分野への統合強化を進め、開発力を含めた経営リソースを効率的に活用していくことで合意に達した。そしてディーゼルエンジンについては、いすゞが開発・生産の主体となって事業展開して行くこととなった。
ディーゼルエンジンの先進市場であるヨーロッパでは既にいすゞ モータース ポルスカ(Isuzu Motors Polska Sp. zo.o.、本社;ポーランド カトヴィツェ県ティヘ市、社長;佐々木 久臣)を設立し、1999年6月よりオペル向けに小型直噴ディーゼルエンジンを年産20万台の規模で生産開始する予定である。
今回さらに北米市場では、新開発の低振動、低騒音、クリーン燃焼のV8型直噴ディーゼルエンジンを投入し積極的な拡販を図るため、新会社ディーマックス リミテッドを設立したものである。
以上

「ディーマックス リミテッド」の会社概要は以下の通り。

社名 ディーマックス リミテッド(DMAX Ltd.)
設立年月日 1998年9月9日
場所 米国オハイオ州デイトン地区モレーン市
(Dryden Road、 Moraine、 Ohio、 USA)
資本金 1億ドル
出資 いすゞ モータース アメリカ インク 60%
(Isuzu Motors America、 Inc.)
ゼネラル モータース 40%
(General Motors Corporation)
代表者 代表取締役社長 本木 潤
事業内容 ディーゼルエンジンの製造・販売
生産品目 6.6リットルV8型直噴ディーゼルエンジン
生産開始 2000年8月
生産能力 2000年10万基/年
2004年20万基/年
生産計画 2000年10万基/年
2004年20万基/年
工場面積 敷地面積180千m2
建屋面積50千m2
生産計画 2000年10万基/年
2004年20万基/年
従業員数 700人