プレスリリース

2017年7月14日

いすゞ、中型自家用・観光用バス「ガーラミオ」を改良し発売
-平成28年排出ガス規制への対応、AMTの採用-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下いすゞ)は、中型自家用・観光用バス「ガーラミオ」を改良し、7月21日より全国一斉に発売します。

中型自家用・観光用バス「ガーラミオ」

 いすゞの中型自家用・観光用バス「ガーラミオ」は、今回の改良により、すべての車型で2017年9月より適用される平成28年排出ガス規制に適合しました。
 トランスミッションではAMT(自動変速式マニュアルトランスミッション)を全車に採用し、イージードライブを実現、ダウンサイズした新型A05Cエンジンの搭載と併せて燃費が向上しました。

主な特長は、以下の通りです。

【排出ガス規制対応】

  • 排出ガス後処理装置として、新たに尿素SCRを採用し、すべての車型で平成28年排出ガス規制に適合しました。

【全車にAMTを採用】

  • 全車で6速AMTを採用し、誰もが使いやすいイージードライブを実現しました。また、アクセルペダルの踏み込み量と車速に応じて最適なギア段に自動で変速するオートモードに加え、セレクトレバーで操作して手動で変速するマニュアルモードの選択が可能となります。

【新型ダウンサイズエンジンの採用】

  • エンジンはダウンサイズを図り220馬力5.1リッター A05C新型エンジンを採用、AMTと併せて燃費が向上しました。

【メーター視認性の向上】

  • ユニバーサルデザインを採用したコンビネーションメーターでは、速度計やエンジン回転計の大径化を図り、メーター内の文字を拡大することで視認性が向上しました。また、マルチモニターと液晶ディスプレイでドライバーや管理者に各種車両情報・整備情報を的確に伝達します。

【運転席エアバッグの初採用】

  • 運転席SRSエアバッグおよびプリテンショナー付シートベルトを採用し、ドライバーの安全性が向上しました。

<目標販売台数(国内)>

中型自家用・観光用バス『ガーラミオ』シリーズ 150台 / 年
<東京地区希望小売価格>
車型 エンジン トランスミッション ボディ
仕様
東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
2DG-RR2AJDJ A05C〈A5-VIII〉 6速 「M-I」グレード
送迎9列
15,320,000円 16,545,600円
162kW(220PS) AMT

関連ページ

ISUZU:バスシリーズ

以上