プレスリリース

2017年6月22日

いすゞ、大型観光バス「ガーラ」を改良し発売
-平成28年排出ガス規制への対応、安全性の向上-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下いすゞ)は、大型観光バス「ガーラ」を改良し、7月3日より全国一斉に発売します。

大型観光バス ガーラ

 安全・環境に配慮した、いすゞの大型観光バス「ガーラ」は、今回の改良により、すべての車型で2017年9月より適用される平成28年排出ガス規制に適合し、さらに先進安全装置の性能向上を果たしました。
 既に全車標準装備の衝突被害軽減ブレーキでは、従来の移動障害物への衝突回避支援機能に加え、新たに歩行者や停止障害物への衝突回避支援機能を追加しました。
 全長9m車では、トランスミッションにAMT(自動変速式マニュアルトランスミッション)を採用し、イージードライブを実現しました。また、AMTの採用とともに、ダウンサイズした新型A05Cエンジンを搭載することにより、燃費が向上、GVW12トン未満で新たに平成27年度燃費基準を達成しました。

主な特長は、以下の通りです。

【排出ガス規制・燃費基準対応】

  • すべての車型で平成28年排出ガス規制に適合しました。
  • 平成27年度燃費基準達成により、エコカー減税の対象となります。(ただし、全長9m車GVW12トン超を除く)

【安全性の向上】

  • 衝突被害軽減ブレーキでは、低速走行している先行車に対する衝突回避支援機能の性能を向上しました。また、レーダーとカメラを併用することで、歩行者の検知が可能となり、歩行者や停止障害物への衝突回避を支援します。

【エンジン・トランスミッション】

  • 全長9m車では、新たに7速AMTを採用しました。インパネに設置したギヤセレクターでは、ダイヤル操作でN/D/Rのレンジ切替や前進/後退時の「SLOW」モードへの切替が可能です。また、ステアリングコラムに設置したシーケンシャルレバーでは、手もと操作によりオート/マニュアルのモード切替やギヤのアップ・ダウンが可能で、誰もが使いやすいイージードライブを実現しました。
  • 全長9m車では、エンジンはダウンサイズを図り、260馬力5.1リッター新型A05Cエンジンを採用しました。

ギヤセレクター

シーケンシャルレバー

【運転負担の軽減】

  • ステアリングスイッチやタッチパネル式AV機器集中操作スイッチの採用に加え、安全運転やエコ運転の支援、装置の異常や警報など、さまざまな情報が表示されるマルチ・インフォメーション・システムのディスプレイには、認識しやすい7インチ大型ディスプレイを採用し、ドライバーの操作性・視認性が向上しました。

ラウンドフォルムコックピット

マルチ・インフォメーション・システム

【インテリアの充実】

  • 高音質で省電力のデジタルスピーカーを採用しました。
  • 室内灯や路肩灯、番号灯に長期間使用可能なLED式ランプを採用し、メンテナンスコストの低減を図りました。
  • インテリアでは、ハイグレードなシートやインテリアカラーの新しいプランを追加することにより、コーディネートの選択の幅が拡大しました。

<目標販売台数(国内)>

大型観光バス『ガーラ』シリーズ 800台 / 年
<東京地区希望小売価格>
車型 全長 エンジン トランスミッション ボディ
仕様
東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
大型観光バス
ガーラ
2TG-RU1ASDJ
12m A09C-UV〈AT-VIII〉
265kW(360PS)
7速
MT
HD
貸切11列
38,593,000円 41,680,440円
大型観光バス
ガーラ9
2KG-RU2AHDJ
9m A05C〈A5-III〉 7速
AMT
HD9
貸切7列
サロン1列
31,943,000円 34,498,440円

衝突被害軽減ブレーキシステムは、ドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、常に安全運転を心掛けてください。

関連ページ

ISUZU:バスシリーズ

以上