プレスリリース

2017年4月28日

いすゞとアップルインターナショナル、資本業務提携契約を締結
〜グローバルな中古車事業の取組を強化〜

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、中古車の専業者であるアップルインターナショナル株式会社(本社:三重県四日市市、社長:久保和喜、以下「アップルインターナショナル」)の9.9%を約4億円で取得し、国内、海外での戦略的な資本業務提携を行うことでアップルインターナショナルとの間で基本合意いたしました。

 いすゞは、中期経営計画において、保有ビジネスの強化を目指しておりますが、この一環として中古車事業への取組を行っております。

 アップルインターナショナルは、乗用車を中心に主に国内、タイにおいて中古車の流通を手掛け、充実したネットワーク及び豊富なノウハウを有している会社であり、両社は、この協業によりグローバルベースでの中古商用車ビジネス拡大が図れることとなります。

 いすゞは、「運ぶを支える」企業理念に基づいて、顧客、社会に貢献することを事業目的としておりますが、本提携によりいすゞの中古車の価値を高め、顧客に貢献すると同時に、商用車メーカーとして中古車のグローバル流通により積極的に関与することで、資源(中古商用車)の有効な活用を通じて地球環境を含めた社会貢献を目指すことが出来るものと確信しております。

<アップルインターナショナルの会社概要>

(1) 会社名 アップルインターナショナル株式会社
(2) 所在地 三重県四日市市日永2-3-3
(3) 代表者 久保 和喜
(4) 設立 1996年1月12日
(5) 事業内容 中古車輸出事業、中古車買取・販売事業
(6) 資本金 4,816百万円
以上