プレスリリース

2016年7月11日

いすゞとマツダ、いすゞ製次世代ピックアップトラックのOEM供給で合意

 いすゞ自動車株式会社(以下、いすゞ、本社:東京都品川区、社長:片山正則)とマツダ株式会社(以下、マツダ、本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道)は、この度、いすゞ製の次世代ピックアップトラックをマツダにOEM供給することで基本合意しました。

 この度の合意は、10年以上にわたるいすゞからマツダへのOEM供給による協力関係をベースに、両社がピックアップトラックに関する協議を行った結果、双方にメリットがあることを確認したことによるものです。

 これにより、いすゞは、マツダへの車両供給を通じたスケールメリットによって、次世代ピックアップトラックの競争力を更に高めていきます。マツダは、競争力の高いいすゞのピックアップトラックをベースとした自社ブランド車を継続して販売することで、市場カバレッジを維持して参ります。

 今後両社は、本OEM供給に関する詳細について協議を進めて参ります。
 主な合意内容は以下の通りです。

【いすゞ製車両のマツダへのOEM供給】
  • 車種:いすゞが生産する次世代ピックアップトラック
  • 供給者:いすゞ
  • 購入者:マツダ
  • 販売地域:北米を除く世界各国
  • 発売予定時期:未定
以上