プレスリリース

2014年9月26日


いすゞとGM、次世代ピックアップ・トラックに関する共同開発に合意


 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:細井行、以下「いすゞ」)とゼネラルモーターズ・カンパニー(本社:米国デトロイト、CEO:メアリー・バーラ、以下「GM」)は、次世代ピックアップ・トラックの共同開発を行うことにつき、本日正式に合意を致しました。

 いすゞとGMは、過去二世代のピックアップ・トラックも共同で開発を行っており、両社の持つリソースを最大限活用することによって、高い基本性能に加え、経済性と耐久性とを実現し、世界約100ヵ国以上のお客様から高い評価を頂いております。

 いすゞとGMはこうした長年の協業による信頼関係をベースに、両社のノウハウや技術等を融合することにより、お客様のニーズに応える最適な次世代車を開発して参ります。また、両社でコンポーネントの共通化を進め、スケールメリットによって更なるコストの低減を図って参ります。
 次世代ピックアップ・トラックは世界の主要市場(米国、カナダを除く)での販売を見込んでおり、この協業を通じて、両社のLCV事業の更なる基盤強化を図って参ります。

以上