プレスリリース

2012年6月22日


自動車リサイクル法に基づく2011年度再資源化等の実績について


 いすゞ自動車株式会社(社長:細井 行、以下いすゞ)は、自動車リサイクル法(正式名称「使用済自動車の再資源化等に関する法律」)に基づき、指定3品目(ASR※1、エアバッグ類、フロン類)の再資源化等の業務を実施しており、この度、2011年度(2011年4月〜2012年3月)の実施状況等を公表した。

 指定3品目のうち、ASRについては、ART(※2)に加盟して積極的にリサイクルを推進し、エアバッグ類・フロン類については、一般社団法人自動車再資源化協力機構に業務を委託している。
2011年度の再資源化率はASRで93.3%、エアバッグ類で94.2%であった。
 また、再資源化等に要した費用の総額は1億9,920万円、資金管理法人から払渡しを受けた預託金の総額は1億7,541万円となった。
 いすゞは今後も継続的に効率の良いリサイクルを推進し、環境・社会により一層の貢献をしていきます。

※1 ASR: Automobile Shredder Residue(自動車シュレッダーダスト)
※2 ART: Automobile Shredder Residue Recycling Promotion Team
(いすゞ、公益財団法人 自動車リサイクル促進センター、ジャガー・ランドローバー・ジャパン、スズキ、日産自動車、フォードジャパン、富士重工業、ボルボ・カーズ・ジャパン、マツダ、三菱自動車工業、三菱ふそうトラック・バス、メルセデス・ベンツ 日本、UDトラックスの13法人で構成)

2011年度(2011年4月1日〜2012年3月31日)の再資源化等の実績状況
(1)基準の遵守状況
品目 再資源化率 基準値
ASR 93.3% ※3 50%以上(2010年度〜2014年度)
エアバッグ類 94.2% ※4 85%以上

※3 ASR再資源化率=


※4 エアバッグ類再資源化率 =


(2)再資源化等の状況
品目 項目 再資源化状況
ASR ASR引取重量 3,844.7トン
ASRリサイクル施設※5への投入ASR重量 3,817.4トン
ASRリサイクル施設で生じた当該ASR由来の廃棄物重量※6 235.2トン
ASRリサイクル施設へ投入した使用済み自動車台数 17,115台
委託全部再資源化※7で全部利用者に引き渡したASR重量 107.1トン
委託全部再資源化で全部利用したASR重量 107.1トン
委託全部利用者で生じた当該使用済み自動車由来の廃棄物重量※8 0.6トン
委託全部再資源化で全部利用者に引き渡した使用済み自動車台数 564台
エアバッグ類 引き取ったガス発生器の総重量 1,355.7Kg
回収個数 1,999個
作動個数 6,315個
回収台数 1,475台
作動台数 3,820台
一部回収/一部作動台数 39台
全部又は一部を再資源化したものの総重量 1,277.6Kg
フロン類 CFC引取量 549.4Kg
HFC引取量 3,200.5Kg
CFC引取台数 1,297台
HFC引取台数 10,486台

※5 ASRリサイクル施設とは、自動車リサイクル法第28条で主務大臣の認定を取得したASR指定引取場所のうち、施行規則第26条に定める基準に適合した施設(「基準適合施設」)を示す。
※6 ASRをリサイクルすることによって生じるスラグや飛灰等のうち、販売や処理されないで施設に残ったもしくは埋め立て処分された廃棄物の総重量。
※7 委託全部再資源化とは、自動車リサイクル法第31条で主務大臣の認定を取得した、全部再資源化業務委託先(解体事業者、プレス・せん断処理業者)と委託全部利用者(電炉・転炉等)で、ASRを生じさせないで使用済み自動車を再資源化する仕組み。
※8 委託全部利用者で鉄鋼製品を生産する際に生じるスラグや飛灰等のうち、販売や処理されないで施設に残ったもしくは埋め立て処分された廃棄物の総重量。

(3)再資源化等に要した費用および払渡しを受けた預託金
品目 再資源化等に要した費用
ASR \166,758,747
エアバッグ類 \8,760,250
フロン類 \23,685,698
合計 \199,204,695

品目 資金管理法人から払渡しを受けた預託金
ASR \137,110,147
エアバッグ類 \10,349,521
フロン類 \27,951,896
合計 \175,411,564

以上