プレスリリース

2011年7月20日


いすゞ、中型自家用・観光用バス『ガーラミオ』を
ポスト新長期排出ガス規制に適合させ発売


いすゞ自動車株式会社(社長:細井 行、以下いすゞ)は、中型自家用・観光用バス『ガーラミオ』を平成22年排出ガス規制(ポスト新長期排出ガス規制)に適合させ、本日より全国一斉に発売します。

今回のモデルチェンジではJ07E型エンジンのポテンシャルアップにより、改良型PM除去装置のみ(尿素SCRシステムを不採用)でポスト新長期排出ガス規制をクリアしました。

また、「M-I」グレードでハイバックシート・室内デジタル時計、「M-I」グレード及び「M-II」グレードで補助席(シートベルト付)を標準装備するなど、改良を加えました。


【目標販売台数】  中型自家用・観光用バス『ガーラミオ』  90台/年

【中型自家用・観光用バス ガーラミオ 東京地区希望小売価格】
車型 エンジン ボディ仕様 東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
SDG-RR7JJCJ J07E 「M−III」グレード 観光8列席 17,805,000円 18,695,250円
マニュアルトランスミッション