プレスリリース

2011年12月5日


いすゞ『環境・社会への取り組み』を公開


いすゞ自動車株式会社(社長:細井 行、以下いすゞ)は、1999年より『環境報告書』の発行を始め、2005年からは環境保全への取り組みと成果に加えて持続可能な社会の構築に向けた活動内容をより詳細に掲載した『環境・社会報告書』を毎年発行してまいりました。

13回目となる今回の報告では、2010年度のいすゞの環境・社会への取り組みとして、環境活動の目標と実績や、震災復興支援をはじめとする社会との関わりについてまとめており、それらの内容については、いすゞウェブサイト上にてご確認いただけます。

いすゞ「環境・社会への取り組み」のURL
http://www.isuzu.co.jp/company/csr/eco/index.html

『環境・社会への取り組み』の概要
【環境への取り組み】
「いすゞグループ全体の環境マネジメント」、「環境に配慮した商品づくり」、「環境に調 和した工場づくり」のカテゴリごとの目標や実績の紹介に加え、営業・サービスやオフィスにおける環境への取り組みについてもご紹介しています。
さらに、今年度はいすゞ生産グループ全体のCO2排出量を公開しています。これにより、温暖化防止に向けたグループ全体でのCO2削減活動が、より一層取り組みやすいものとなりました。

【社会への取り組み】
東日本大震災をはじめとする災害復旧・復興支援や「富士山の森づくりプロジェクト」へのボランティア参加、藤沢工場・栃木工場近隣における定期的な清掃、フィリピンの森林整備プロジェクト実施など、社会とのコミュニケーションを積極的に推進した結果をご紹介しています。

この件に関するお問合せは、いすゞ自動車海SR推進部環境推進グループ(TEL:03-5471-1394)までお願い致します。

以上