• いすゞpresents 壇れい今日の1ページ 毎週月〜金曜日6時20分頃〜
WIZARD & WIZARD ALIVE
砂漠から一気に積雪地帯へ。タフな道だけが、タフなSUVを作る。

DRIVETRAIN

まさに臨機応変のトラクションコントロール、電子制御トルクスプリット4WDシステム。
ロータリー式TODスイッチ、TODインジケーター
市街地、ハイウェイ、険しい悪路、そして雨や風雪。ウィザードの4WDシステムは、刻々と変化する路面状況や走行状態に応じて、前後輪のトルク配分を最適な状態に自動制御するTOD(トルク・オン・ディマンド)を新たに採用しました。このシステムは、前後輪それぞれの回転速度などをセンサーが検知し、後輪をベースにコントロールユニットが常に最適なトルク配分を算出し、瞬時に前輪へも適切な駆動力を送り込みます。トルク比0:100の後輪駆動状態から50:50の4WD状態まで無段階に連続して駆動力を制御し、また、小回り時のタイトコーナーブレーキング現象も起こらず、ABS作動時にもその効果を最大限発揮します。このTODの採用によってウィザードはあらゆる場面において効率の良い安定した走りを生み、乗る人すべてに大きな信頼感と安心をもたらします。
WIZARD LSE/LSに設定
TODはボーグワーナーオートモーティブ社の登録商標です。

TODによるトルク配分イメージ。 →トルク
舗装道路での中低速走行時 舗装道路での高速走行時
●舗装道路での中低速走行時
経済性に優れた走りを発揮する後輪駆動に近い走行モード。車庫入れや縦列駐車時にもタイトコーナーブレーキング現象を起こしません。
●舗装道路での高速走行時
加速時、ハイウェイなどでは、後輪に主な駆動を伝えながら、前輪にも必要なトルクを配分。横風や雨天走行時にも高いグリップ力を保ちます。
悪路走行、コーナリング時 滑りやすい路面での登坂、発進時
●悪路走行、コーナリング時
砂地や雪道など、滑りやすい路面の走行時、コーナリング時にはさらに必要なトルクを前輪に配分。路面へのグリップ力を高めながら、操縦安定性を保ちます。
●滑りやすい路面での登坂、発進時
スキー場へのアプローチなどの積雪時やダート走行では、必要に応じて50:50のトルク比にして4WDならではの優れた悪路走破性を発揮します。

簡単な操作で4WDの高い走破性を引き出す、シフトオンザフライシステム。
シフトオンザフライシステム構造図
スイッチ操作に応じて電気式シフトオンザフライシステム*1が作動し、走行中でもワンタッチで2WD-4WD(TOD)への切り替えが可能です。急な路面状況の変化にも余裕をもって対処でき、イージードライブをアシストします。また眼前に激しい起伏が現れても、強力な駆動力をもつ4Lモードにシフトすればさらに走破性が高まりドライバーに大きな自信をもたらします。モード切り替えは、TOD搭載車はインパネ上のロータリースイッチで2H-TOD-4Lの切り替えを、パートタイム4WD車*2はトランスファーレバーの操作で4H-4Lの切り替えを行います。
*1 WIZARD ALIVE を除く。 *2 WIZARD Sに設定。

悪路での走破性や脱出性をさらに高める、LSD(リミテッド・スリップ・デフ)
後輪の片方が空転した場合、トルクはその車輪にのみ伝わり、もう一方の車輪には伝わりません。LSDはこの現象を抑制し、もう一方の車輪にも確実にトルクを伝え、4WDの走破性をさらに高めます。
WIZARD ALIVE を除く。

状況に合わせて走行モードを選べる、フルレンジ電子制御 3モード4速A/T。
3モード4速A/T、クラッチスタートシステムつ付5速M/T
フル電子制御化された4速A/Tは、発進から高速走行に至る全域において滑らかに変速を行います。ガソリン車にはシフトチェンジの瞬間にエンジンの点火タイミングをコントロールする「トルク制御」を設定。ディーゼル車には、NレンジからDレンジへシフトする際に瞬間的に3速を経由して1速に変速することでシフトショックを低減する「スコート制御」を設定しています。さらに、ドライバーの意志や路面状況に応じて最適な走行モードを選択できるように設定しました。通常走行の「NORMAL」モードの他に、トルクを生かしてスポーティな走りを生み出す「POWER」モード、雪道などで3速発進を行う「WINTER」モードを設定しています。また、5速M/Tには、クラッチペダルを踏み込んでいないとエンジンをスタートできない誤発進防止の「クラッチスタートシステム」を採用しています。

フォトイメージ あらゆる路面でリニアなハンドリングを実現。ラック&ピニオン式ステアリング
高剛性化とダイレクトな操舵感を追求したラック&ピニオン式ステアリングを採用しました。ステアリング操作に対してリニアな応答により軽快でダイレクトなドライビングフィールを生み出します。また、最小回転半径は5.6mを達成し、ラック&ピニオン式ステアリングと相まって狭い路地や縦列駐車時の取り回しの良さを実現しました。