• いすゞpresents 壇れい今日の1ページ 毎週月〜金曜日6時20分頃〜
BIGHORN 1998-2002

TRANSMISSION & SUSPENSION

スムーズな走りを実現する、アダプティブ制御採用
フルレンジ電子制御4速オートマチックトランスミッション

フォトイメージ   フル電子制御によって、発進から高速走行にいたるまで、滑らかな変速を行います。山道走行などでは、コンピュータが道路の勾配を推定し、上り坂では4速へのシフトアップを抑制してスムーズな走行を、下り坂では3速にシフトダウンしてエンジンブレーキを利用するアダプティブ制御を備えています。ロックアップ機構*1にはロックアップクラッチを運転状況に合わせ自在にコントロールするスリップロックアップ制御*2を採用し、オーバードライブと併せて、全速度域での燃費とドライブフィールアダプティブ制御説明図の向上を図っています。また通常走行のノーマルモードに加え、トルクを有効に活かしたスポーティな走りを生む「POWER」モード、雪道などでスリップしにくい3速発進を行う「WINTER」モードをスイッチで選択でき状況に応じた走りを可能にしています。

*1 ガソリン車は2、3、4速。ディーゼル車は3速、4速。
*2 ガソリン車に設定。

クラッチスタートシステム付5速マニュアルトランスミッション
エンジン始動時に、クラッチペダルを十分に踏みこまないと、エンジンがかからない"クラッチスタートシステム"を採用 しました。
ギヤを入れた状態でエンジンを始動することによる発進事故を防ぎます。
*5MTは、フィールドスター(ディーゼル車)に設定

フロント・ダブルウイッシュボーンサスペンション&リア・センター4リンク式コイルサスペンション
フォトイメージ
余裕あるサスペンションストロークによる優れた操縦安定性と走破性、高速走行やコーナリング時には、前後輪のスタビライザーが車体のロールをしっかりと抑え込み、 高いスタビリティを発揮するビッグホーンのサスペンションシステム。いすゞの長い経験と蓄積が、SUVとしての高い走行性能を支えています。

個性的な走りを生む、3タイプのサスペンションチューン
フィールドスターに設定された、高い基本性能のオリジナルサスペンションをベースに、ロータスSEには、高級感のあるしなやかで快適な乗り心地のロータスチューンドサスペンションを採用。コーナーでは緩やかなロール感、高速走行時にはフラットな走行感を発揮。同時にリニアなステアリングレスポンスを実現しています。また、プレジールII には、トーションバーやスタビライザーの径、コイルバネ定数など、よりハードにセッティングされたスポーティな味付けのスポーツチューンドサスペンショを採用。悪条件下でも高い走行安定性と走破性を発揮します。さらに、オプションとして、フィールドスターにはよりスポーティにチューニングした「フィールドスタースポーツパッケージ」を設定しています。

245/60R18タイヤ&7JJ×18 245/70R16タイヤ&7JJ×16 245/70R16タイヤ&7JJ×16
245/60R18タイヤ&
7JJ×18
5スポークアルミホイール
(ロータスSEに標準、
プレジールII にオプション)
245/70R16タイヤ&
7JJ×16
5スポークアルミホイール
(プレジールII に標準)
245/70R16タイヤ&
7JJ×16
12スポークアルミホイール
(フィールドスターに標準)