主な商品(海外)

海外生産車
D-MAX(ディーマックス)
発表年月日 2002年5月
車名の由来 Dは、Diesel Design Durabilityの頭文字から引用。MAXは、最大、最極化を表現する。
生産国 タイ(泰国いすゞ自動車)
主な販売地域 タイ 他約100ヶ国
特長 世界のさまざまなシーンで活躍する1t積クラスのピックアップトラック。 優れた耐久性や走破性と3種類のキャブ形状をはじめとする多彩なバリエーションは、トラック本来の用途はもとより乗用車ユースの領域まで幅広いユーザーのニーズに応えている。
D-MAX(ディーマックス)
ディーマックス(タイ)
(D-MAX)

PANTHER(パンサー)
発表年月日 1991年3月
車名の由来 速さ、強さをイメージさせる動物「パンサー=豹」から命名した。
生産国 インドネシア(いすゞアストラモーターインドネシア)
主な販売地域 インドネシア
特長 頑強さと自由度の高さを基本にアジア地域専用車として開発。10人乗りで、乗る人や荷物の量に応じて室内スペースを有効に活用でき、フィリピンやインドネシアではジャストサイズの多目的車として高い人気を博している。
PANTHER(パンサー)
パンサー(インドネシア)
(PANTHER)

ISUZU mu-X(いすゞ ミューエックス)
発表年月日 2013年10月
車名の由来 MUは、Multi Utilityの略。Xはシートアレンジによりフレキシブルに乗車人数に対応でき、早い:エクスプレスや極限:エクストリームな車という意味を持たせています。
生産国 タイ(泰国いすゞ自動車)
主な販売地域 タイ・オーストラリア・フィリピン他
特長 ISUZU D-MAXをベースとしてPPV(Passenger Pickup Vehicle)と呼ばれるカテゴリー向けに開発。操安性・快適性・安全性を更に高め、世界のお客様のニーズに応えます。
ISUZU mu-X(いすゞ ミューエックス)
いすゞ ミューエックス
(タイ)
(ISUZU mu-X)


いすゞから他社へのOEM供給


供給先

供給品目

当初供給
目標台数

供給先
商標

供給時期
マツダ株式会社 エルフ(2 3トン小型トラック) 6,000台/年 タイタン 2004年


いすゞの他社からのOEM受給


供給先

供給品目

当初供給
目標台数

いすゞ
商標

供給時期
日産自動車株式会社 シビリアン(マイクロバス) 840台/年 ジャーニー 1993年
アトラスF24(1トン小型トラック) 2,000台/年 エルフ100 1995年
NV350キャラバン 6,000台/年 コモ 1995年