II.個別重要課題の説明

北米SUV事業見直し
減少したSUVの販売VOLに応じ、北米SUV事業規模を見直し・適正化
(1) 生産キャパの調整(含・商品ソーシング見直し:OEM等)
(2) VOL見合いの販売コスト/体制の見直し
※下図赤色部分

北米SUV事業見直し
《 ソーシング・サイド 》 《 ディストリビューション・サイド 》

北米SUV事業の見直し(2)


PT事業のGMとのJV化
GM車むけディーゼルエンジンの開発/生産事業を共同事業化

PT事業のGMとのJV化(1)

PT事業のGMとのJV化(2)
※ IMGは主に、新設する開発管理会社から業務を受託する


要員規模の適正化
Vプラン目標('04年3月末=8,700人)を確実に達成するために希望退職をアドバンスして実施(いすゞ在籍者対象)

要員規模の適正化


リストラ影響
'03/3月期のリストラに伴う損失は約1,400億円を計上するが、その後の期間損益は大幅改善の予定

(億円)
改善効果('02/3期比)
施策 リストラ損 '03/3期 '04/3期 '05/3期
北米事業体制見直し
- 関係会社評価損
- SIA設備減損等
- ISZAリストラ関連
-910
(-340)
(-470)
(-100)
+60 +380 +380
要員削減 -220 +80 +210 +210
国内RV事業撤退 -30 +10 +10 +10
含み損処理等 -250      
合計 -1,410 +150 +600 +600

Back   2/6   Next