I.経営ビジョン(1)

I.経営ビジョン


事業環境認識
■環境対応負荷がますます高まる中、グローバルベースでの「量」の確保が必須。
■いすゞ自動車は、商用車メーカーとして海外市場でより広いマーケットアクセスのポテンシャルを有している。
■欧州の乗用車と同様、他の市場/セグメントにおいてもDE(ディーゼルエンジン)へのシフトが加速すると予測。
→これにより、日本を基盤としたグローバルなビジネス拡大が期待できる。


企業ビジョン
企業ビジョン

Back   2/7   Next